質問してください

Huracán STO

BASED ON A
TRUE STORY

0-100 km/h

3,0 s

最大出力 (CV) / 最大出力 (KW)

640 CV / 470 kW

最高速度

310 km/h

0-100 km/h

3,0 s

最大出力 (CV) / 最大出力 (KW)

640 CV / 470 kW

コンフィギュレーション
ここでHuracán STOを作成する

LAMBORGHINI 3D

没入型3Dエクスペリエンスを体験してください
 

Lamborghini V10新型車を隅々まで楽しめるように、ビデオや車のレンダリングなどを通じて、新型Huracán STOを詳しく探ってみましょう。

LAMBORGHINI 3D

没入型3Dエクスペリエンスを体験してください
 

Lamborghini V10新型車を隅々まで楽しめるように、ビデオや車のレンダリングなどを通じて、新型Huracán STOを詳しく探ってみましょう。

拡張現実

概要

本物のレーシングマシンのテクノロジーとスリリングな感覚を兼ね備えた公道を走れる最高なレーシングモデルをお届けすること。それを唯一の目的として創られたスーパー・スポーツカーです。
Lamborghiniが数々の歴史的な勝利により築き上げ、長きにわたって培ってきたモータースポーツのノウハウが、新型Huracán STOの中に凝縮されています。高度なエアロダイナミクス、レーシングドライビングのダイナミックさ、軽量コンテンツ、そしてかつてない最高のパフォーマンスを誇るV10エンジンが、毎日のドライビングでレーストラックの感動を導き出すためだけに存在します。

概要

本物のレーシングマシンのテクノロジーとスリリングな感覚を兼ね備えた公道を走れる最高なレーシングモデルをお届けすること。それを唯一の目的として創られたスーパー・スポーツカーです。
Lamborghiniが数々の歴史的な勝利により築き上げ、長きにわたって培ってきたモータースポーツのノウハウが、新型Huracán STOの中に凝縮されています。高度なエアロダイナミクス、レーシングドライビングのダイナミックさ、軽量コンテンツ、そしてかつてない最高のパフォーマンスを誇るV10エンジンが、毎日のドライビングでレーストラックの感動を導き出すためだけに存在します。

エクステリア

軽量設計と機能的なデザインを組み合わせ、どこまでもピュアなパフォーマンスを表現します。 
Super Trofeo EVOの流れるような輪郭を彷彿とさせるHuracán STOは、その形状が一から見直されました。ボディパネルに75%以上にカーボンファイバーを採用し、エアロダイナミクスも改善されています。特筆すべきは、フロントボンネットとフェンダーを組み込んだ専用設計のボディピース「Cofango(コファンゴ)」で、フロントの空力性能を最大まで高めると同時に、軽量化も実現しています。 
これらの効果によって、レースそのものの興奮をすぐさま感じることができます。

インテリア

インテリアも同様に軽量化が追求され、カーボンファイバーを中心とする高品質素材が随所に使用されています。ドアパネル、インテリアのディテール、シート、フロアマットに採用されているこの革新的かつ個性的な素材は、パーフェクトなスーパー・スポーツスタイルを実現するのみならず、アルカンターラ®とカーボンスキン®による上質な仕上げと見事に調和して、その性能と機能性を発揮します。 
Huracán EVOを思い起こさせる新型Huracán STOのインテリア・ソリューションは、以前のモデルと比較して全体的な軽量化に貢献しています。新しいトリムや4点式*シートベルト付きチタンロールバーなどの追加機能も加わり、ハンドルを握った瞬間から他では味わえない感動を体感できる本物のレーシングマシンに仕上がっています。

あなたのHURACÁN STOに接続する

独自の先進コネクテッド・テクノロジーは、ドライビングエンゲージメントをかつてないレベルにまで高めることができます。Lamborghini Connectなら、STOのドライバーは安心してお車を離れられるほか、運転中は常に最新の機能を提供してくれます。

あなたのHURACÁN STOに接続する

独自の先進コネクテッド・テクノロジーは、ドライビングエンゲージメントをかつてないレベルにまで高めることができます。Lamborghini Connectなら、STOのドライバーは安心してお車を離れられるほか、運転中は常に最新の機能を提供してくれます。

スペック

  • 排気量5,204 cm³ (317.57 cu in)
  • 最高出力 (kW/CV)470/640 /8000RPM
  • 最高速度310 km/h
  • 0 -100加速3,0 s

エンジン

  • エンジンV10, 90°, MPI (Multi Point Injection) + DSI (Direct Stratified Injection)
  • 排気量5,204 cm³ (317.57 cu in)
  • ボア x ストローク84.5 x 92.8 mm (3.33 x 3.65 in)
  • 圧縮比12.7:1
  • 最高出力 (kW/CV)470/640 /8000RPM
  • 最大トルク565 Nm
  • パワーウェイトレシオ2,09 kg/CV (5.61 lb/CV)
  • 潤滑システムドライサンプ
  • 排気ガスによるクラス分けEURO 6 - LEV 3

トランスミッション

  • トランスミッション後輪駆動
  • ギアボックス7 速デュアルクラッチ・ギアボックス LDF (Lamborghini・ドッピア・フリツィオーネ)

パフォーマンス

  • 最高速度310 km/h
  • 0 -100加速3,0 s
  • 0 -200加速9,0 s
  • 100-0制動30 m
  • 200-0制動110 m

ボディ&シャーシ

  • シャーシアルミニウムとカーボンのハイブリッド構造
  • ボディアルミニウムおよび合成材料
  • トップルーフ
  • ミラー電動格納式、ヒーテッド
  • エアロダイナミクス3段階手動調整式カーボンファイバー製フロントスプリッターとリアウィング

ホイール

  • ホイールリム – フロント8,5J x 20
  • ホイールリム – リア11J x 20
  • フロントタイヤBridgestone Potenza Sport 245/30 R20
  • リアタイヤBridgestone Potenza Sport 305/30 R20

ステアリングおよびサスペンション

  • 制御システムエレクトロニックスタビリティコントロール
  • サスペンション磁気レオロジーサスペンション
  • ステアリング・システムエレクトロメカニカルパワーステアリング (EPS)

ブレーキ

  • カーボンセラミックブレーキ (フロント)タイプ : CCM-R直径: 390厚み: 34
  • カーボンセラミックブレーキ (リア)タイプ : CCM-R直径: 360厚み: 28

セーフティー

  • エアバッグ

寸法

  • 全長4547 mm (179.02 in)
  • 全幅(ミラーを除く)1945 mm (76.57 in)
  • 全幅(ミラーを含む)2.236 mm (88.03 in)
  • 全高1.220 mm (48.03 in)
  • ホイールベース2.620 mm (103.14 in)
  • 乾燥重量1339 kg
  • 重量配分% 41/59

消費

  • 複合燃料消費率13,9 l/100km
  • 排気ガス331 g/km
  • CO2排出規制法Reg. EU 715/2007

ドライビングダイナミクス

Lamborghiniコネクテッド・テレメトリー(LCT)

Lamborghiniコネクテッド・テレメトリーを使えば、サーキットでのドライビング・エクスペリエンスがより一層楽しいものになるはずです。

ドライビングダイナミクス

エアロダイナミクス

レーシングマシンには、究極の空力性能が必要とされます。公道走行可能な新型Huracán STOでは、Lamborghiniがレースで培ってきた経験を活かして、競技車両並みの性能が実現されています。

ドライビングダイナミクス

ブレーキ・フィーリング

Huracán STOを際立たせる特徴のひとつが、最先端ブレーキ・システムです。そのコアとなるのが、F1マシンに採用されているブレンボ開発の特殊なCCMRカーボンセラミック・ブレーキディスクです。

ドライビングダイナミクス

軽量化アプローチ

新型Huracán STOの設計を支えてきた使命は、公道走行可能なスーパーカーにレーシングスタイルを移植することです。そのためのキーワードは、「軽量化」です。

ドライビングダイナミクス

エンジン

新型Huracán STOのエンジンの轟音が響けば、モータースポーツから受け継がれたものを聞き取れるだけでなく、感じ取ることもできるでしょう。Huracán STやGT3 EVOのように、LamborghiniはSquadre Corseが持つノウハウのすべてを、その設計に注ぎ込みました。

ドライビングダイナミクス

ドライブモード

新たな高みへと到達するパフォーマンスと、本物のレーシングマシンを運転するフィーリングを提供するため、Huracán STOでは、Lamborghini Dynamic Steering(LDS:ランボルギーニ・ダイナミック・ステアリング)に代わって、よりダイレクトな固定ステアリング・レシオと3つの新ドライブモード:「STO」、「TROFEO」、「PIOGGIA」が採用されました。 

ドライビングダイナミクス

Lamborghiniコネクテッド・テレメトリー(LCT)

Lamborghiniコネクテッド・テレメトリーを使えば、サーキットでのドライビング・エクスペリエンスがより一層楽しいものになるはずです。

ドライビングダイナミクス

エアロダイナミクス

レーシングマシンには、究極の空力性能が必要とされます。公道走行可能な新型Huracán STOでは、Lamborghiniがレースで培ってきた経験を活かして、競技車両並みの性能が実現されています。

エアロダイナミクス

レーシングマシンには、究極の空力性能が必要とされます。公道走行可能な新型Huracán STOでは、Lamborghiniがレースで培ってきた経験を活かして、競技車両並みの性能が実現されています。

フロント部では、スプリッターが気流を分散させて接地効果を高めます。フードのエアダクトによってフロントのダウンフォースが発生し、ルーバーによって排出される気流が増加することで、ホイールハウス内の圧力を低減してダウンフォースがさらに増します。 

リア部では、シャークフィンがコーナリング時の挙動を向上します。そしてエアスクープがリアフード下の温度上昇を抑え、リアディフューザーがリアのダウンフォースを適正なレベルに維持します。リアウイングは、空力ダウンフォースの増加と抗力の抑制が得られるように設計されているほか、3段階に手動調整可能なスロットデザインにより、ドライバーの運転スタイルに合わせてフロントの空力バランスを調整することができ、レースフィーリングを高まります。

ブレーキ・フィーリング

Huracán STOを際立たせる特徴のひとつが、最先端ブレーキ・システムです。そのコアとなるのが、F1マシンに採用されているブレンボ開発の特殊なCCMRカーボンセラミック・ブレーキディスクです。市販車としては異例の採用となるCCMRディスクにレーシングタイヤ、高い空力負荷、専用ブレーキ冷却システムを組み合わせ、これらすべてが最善のブレーキ性能を実現し、長時間にわたって安定した性能を発揮するように設計されています。そして、ブレーキの信頼性をさらに高めるために、ペダルをわずかに長くしてレスポンスを向上させています。これらの要素がすべて一体となって、あらゆる走行状況下でブレーキングの高い安定性と、安心して運転できる自信へとつながります。

軽量化アプローチ

新型Huracán STOの設計を支えてきた使命は、公道走行可能なスーパーカーにレーシングスタイルを移植することです。そのためのキーワードは、「軽量化」です。最善のウェイトパワーレシオと最高のレーシングパフォーマンスを実現するべく、すべてのコンポーネントについて丹念な調査が行われました。

そのために、強度に優れた超軽量カーボンファイバー・ボディパネルを使用し、一部では航空宇宙産業向けに開発された「サンドイッチ」と呼ばれる技術を採用して軽量化が図られました。さらに、レーシングスタイルのアルカンターラ®張りの内装、30%軽量化が図られたフロントガラス、新マグネシウムホイール、防音材の低減、チタンリアアーチがあります。

これらのソリューションにより、Huracán Performanteと比べて全体で43kgの軽量化を実現し、STOはより軽く、より速く、特別なレーシング・エクスペリエンスを提供します。

エンジン

新型Huracán STOのエンジンの轟音が響けば、モータースポーツから受け継がれたものを聞き取れるだけでなく、感じ取ることもできるでしょう。Huracán STやGT3 EVOのように、LamborghiniはSquadre Corseが持つノウハウのすべてを、その設計に注ぎ込みました。その結果、5.2リッターV10自然吸気エンジンは、8,000rpmで出力640 CV(470 kW)、6,500 rpmで最大トルク565 Nmを発生するパワフルなものになっています。トラックレースに最適なエンジン出力になっていると同時に、アクセルレスポンスが細かくチューニングされています。0~100km/h加速は3.0秒、0~200km/h加速は9.0秒、最高速度は310km/hを記録し、その性能の高さには目を見張るものがあります。エンジンレスポンスの良いレースフィーリング、ペダルとスロットル間のダイレクトなレスポンス、高回転域でのサウンドのキレなど、ますます忘れられないドライビング・エクスペリエンスになっています。純粋なパワーがここにあります。

ドライブモード

新たな高みへと到達するパフォーマンスと、本物のレーシングマシンを運転するフィーリングを提供するため、Huracán STOでは、Lamborghini Dynamic Steering(LDS:ランボルギーニ・ダイナミック・ステアリング)に代わって、よりダイレクトな固定ステアリング・レシオと3つの新ドライブモード:「STO」、「TROFEO」、「PIOGGIA」が採用されました。 

「STO」モードは、どんな天候でも、あらゆる道で楽しめるドライビング・エクスペリエンスをお届けするために設計されています。  

「PIOGGIA」モードは濡れた路面や滑りやすい路面でのパフォーマンスを向上させるために考えられたトラックモードで、Lamborghini Integrated Vehicle Dynamics(LDVI)サブシステムが優れたロードホールディングを保証できるように調整されています。 

そして「TROFEO」モードはドライ・コンディションで最大のパフォーマンスを発揮できるドライブモードです。グリップを最適化し、車両バランスをニュートラルに保つように調整されたLDVIサブシステムにより、車両の精度とレスポンスを向上させます。

Lamborghiniコネクテッド・テレメトリー(LCT)

Lamborghiniコネクテッド・テレメトリーを使えば、サーキットでのドライビング・エクスペリエンスがより一層楽しいものになるはずです。セッション中に改善点に関する役に立つ情報を得たり、UNICAアプリを使ってパフォーマンスを細かく解析できたり、スマートフォンがまるで専属エンジニアに変わります。 

このシステムはLamborghiniインフォテイメント・システムに統合されており、セッション中に役立つ情報を記録して、それらをインストルメントクラスターと中央のディスプレイに表示することができます。ドライビング・セッション終了時には、収集されたデータや、車内に内蔵された2台のカメラで撮影された動画を、UNICAアプリを使ってスマートフォン上で解析することができます。精度の高い収集データと専用ウィジェットで編集された動画によって、走行性能の向上を目的とした詳細な解析を可能にしてくれます。 

ドライビングダイナミクス

Huracán STO の燃費とCO2排出量 - 複合モードによる燃費: