• 画像には、横から見たオレンジ色のランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテが砂漠を横切る道路を走っている姿が写っている。
  • 横から見た黄色いランボルギーニ・アヴェンタドールSクーペが、山に囲まれた湖の道を走っている画像。
  • 黄色いランボルギーニ・アヴェンタドールSクーペを前から見た画像、 ロッキー山脈をぬって走っている。
  • 暗い背景に赤いランボルギーニ・アヴェンタドールSVクーペを斜め後ろから見た画像。
  • 斜めから見た青いランボルギーニ・ウラカン・スパイダー、イルミネーション輝く市街地を駆け抜けている。
  • グレーメタリックのランボルギーニ・アヴェンタドール・ロードスターの画像、ドアが縦に開いて車内の一部が見えている。

huracánhuracán

ランボルギーニは創業時より、「完璧な車」とはなにかを追求し続けています。この歴史の流れの中で、Huracán (ウラカン) が誕生しました。

パフォーマンス、コントロール、イノベーション。 いずれもさらに上のレベルを目指さなければなりません。そんなドライビングを実現するべく随所に最新テクノロジーを採用し、いかなる運転状況でも卓越したパフォーマンスとコントロールを得られるよう設計しました。最大出力610hpを発生する自然吸気V10エンジンを搭載、 0ー100km/h加速はわずか3.2秒。ランボルギーニ・ドッピア・フリッツィオーネ(LDF)デュアルクラッチ・ギアボックスと電子制御式4輪駆動システムの効果で、 極限状態に追い込まれるようなドライビングを思う存分楽しめます。

ウラカンのドライビング・エクスペリエンスは最高の一言。さあ、Huracán (ウラカン)・ファミリーの世界をお楽しみください。 

斜め後ろから見たランボルギーニ・ウラカンが停車している画像、前方に山々の景色が広がる。 ランボルギーニ・ウラカンの車内を横から見た画像、フロント座席、センターコンソールパネル、ステアリングホイールが見える。 斜め後ろから見たランボルギーニ・ウラカンが停車している画像、前方に山々の景色が広がる。

AventadorAventador

Aventador (アヴェンタドール)は未来を先取りするモデル。V12 エンジンを搭載し、カーボンファイバーの使用範囲を拡大するなど、先進テクノロジーを駆使しています。デザインやエクステリアはランボルギーニの個性と伝統を脈々と受け継いでいますが、カーボンファイバー製モノコックなどの先進テクノロジーをまとわせることで猛々しいばかりのダイナミズムが生まれています。インテリアにも最高品質の素材を使い、イタリアの伝統的な職人技で丁寧に仕上げました。Aventador (アヴェンタドール) は、もはや伝説的なスーパーカー。全モデルの技術仕様、寸法、性能など、詳しい情報をご覧ください。

ランボルギーニ・アヴェンタドールの内装を写した画像、センターコンソールパネルとステアリングホイールが見える。 ロッキー砂漠の前に停まっているランボルギーニ・アヴェンタドールを横から見た写真。 ロッキー砂漠の前に停まっているランボルギーニ・アヴェンタドールを横から見た写真。

ワンオフ

ランボルギーのワンオフモデルは、ごく少数のお客様のために特別限定版として生産したモデルです。傑出したデザインと最先端のテクノロジーが光るワンオフは時代を先取りするスーパーカー。車の隅々までランボルギーニの精神が宿っています。

画像には、暗いトンネルの中に一台の黒いランボルギーニ・ワンオフを斜めから見た姿が写っている。背後には白い光が見える。 黒いランボルギーニ・ワンオフの内装を上から見た画像、黒に黄色の仕上げ加工が施された運転席とステアリングホイールが写っている。 画像には、暗いトンネルの中に一台の黒いランボルギーニ・ワンオフを斜めから見た姿が写っている。背後には白い光が見える。

コンセプト

コンセプトカーはまるで未来から来たようなモデル。最先端のテクノロジーと、これ以上は無いほど研ぎ澄まされたデザインが見る者を圧倒します。モデルに採用した革新的なソリューションは、今後のシリーズ生産モデルで登場するかもしれません。その輝かしい姿は、世界屈指のモーターショーで披露されています。

茶色の革に明るい色のインサートが施されたステアリングホイールをクローズアップした画像。 斜め後ろから見た青いランボルギーニ・アヴェンタドールが停まっている画像、前方には建物が立ち並ぶ砂浜が広がる。 斜め後ろから見た青いランボルギーニ・アヴェンタドールが停まっている画像、前方には建物が立ち並ぶ砂浜が広がる。
オプション
文字サイズ
コントラスト
スタート - ストップ
ソーシャルメディアで共有