質問してください

Sián Roadster

Ahead of its time

0-100 km/h

<2.9 s

最大出力 (CV) / 最大出力 (KW)

819 CV / 602 kW

最高速度

>350 km/h

0-100 km/h

<2.9 s

最大出力 (CV) / 最大出力 (KW)

819 CV / 602 kW

拡張現実

概要

Sián Roadster は、ランボルギーニのハイブリッド・スーパー・スポーツカーとして初となる限定オープントップモデルです。ハイブリッド・ソリューションにスーパーキャパシタ技術を世界で初めて搭載し、独自のマテリアルサイエンス技術を採用しています。頭上に広がる空と、ランボルギーニ史上最強V12エンジンがパワフルなサウンドを生み出します。EV化への道筋においてSián Roadsterが果たす役割を存分に堪能できます。

概要

Sián Roadster は、ランボルギーニのハイブリッド・スーパー・スポーツカーとして初となる限定オープントップモデルです。ハイブリッド・ソリューションにスーパーキャパシタ技術を世界で初めて搭載し、独自のマテリアルサイエンス技術を採用しています。頭上に広がる空と、ランボルギーニ史上最強V12エンジンがパワフルなサウンドを生み出します。EV化への道筋においてSián Roadsterが果たす役割を存分に堪能できます。

エクステリア

近未来的なデザインがオープンエアのキャビンで真のロードスターらしい純粋さも兼ね揃えています。美しい彫刻を思わせるような長い曲線的なラインと特徴的なエアロウィングが Sián Roadsterの輪郭にゆるぎない力強さを与えます。 カーボンファイバーのスプリッターが一体となった低いフロントは、ランボルギーニのアイコニックなY型ヘッドライトが組み込まれています。

インテリア

インテリアでは、洗練されたディテールと、ランボルギーニがEV化をイメージし特別に選定したカラー「Oro Electrum」(エレクトリックゴールド)のアルミニウム製エアベントの組み合わせが、エレガントな雰囲気を掻き立てています。3Dプリントによる新デザインのエアベントは、オーナーのイニシャルを入れてカスタマイズが可能です。Y型の特徴と六角形の形状は、細部にまで細心の注意を払って完璧にレンダリングされています。

スペック

  • 排気量6,498 cm³ (396.5 cu in)
  • 最大出力819 CV (602 kW) @ 8,500 rpm
  • 最高速度>350 km/h (217 mph)
  • 加速 0-100 km/h (MPH 0-62)
  • 気筒数12
  • トランスミッションリア機械式セルフロッキング・デファレンシャル付き電子制御全輪駆動システム (Haldex gen. IV)

内燃機関

  • エンジンV12、60°、MPI (マルチポイント・インジェクション)
  • 排気量6,498 cm³ (396.5 cu in)
  • ボア x ストローク95 mm x 76.4 mm (3.74 x 3.01 in)
  • 圧縮比11.8 ± 0.2
  • 最高出力785 CV (577 kW) @ 8,500 rpm
  • 最大トルク720 Nm @ 6,750 rpm
  • 潤滑システムドライサンプ
  • 排気ガスによるクラス分けEuro 6 - LEV 3

電動モーター

  • 超级电容供电电压48V
  • 超级电容功率密度2.400 W/kg
  • 最大動作電流600A
  • 最高出力34 CV
  • 最大トルク35 Nm
  • 电车重量+超级电容34 kg

エンジン

  • 混合出力819 CV

ギアとエンジントランスミッション

  • トランスミッションリア機械式セルフロッキング・デファレンシャル付き電子制御全輪駆動システム (Haldex gen. IV)
  • ギアボックス7速ISR (インディペンデント・シフトロッド) トランスミッション、ドライブモードに合わせた異なるシフト特性、シフトチェンジの際に電気モーターがブーストとして作動します

パフォーマンス

  • 最高速度>350 km/h (217 mph)
  • 0-100 km/h (0-62 mph) 加速
  • 0-200 km/h (0-124 MPH) 加速
  • 100-0 km/h (62-0 mph) ブレーキング

フレーム と車体

  • シャーシカーボンファイバー製モノコック構造、アルミニウム製フロント / リアフレーム
  • ボディフルカーボンファイバーボディ
  • トップルーフモノコックルーフに取り付けられたエレクトロクロミックガラス
  • ミラー電動格納式、ヒーテッド
  • エアロダイナミクス新電動アクティブ・エアロ

タイヤ

  • ホイールリム – フロント9”J X 20” H2
  • ホイールリム – リア13”JX21” H2
  • タイヤ (フロント)P Zero Corsa 255/30 ZR 20 92Y
  • タイヤ (リア)P Zero Corsa 355/25 ZR 21 107Y

サスペンションとステアリング

  • 制御システムエレクトロニックスタビリティコントロール (ABS および TCS 内蔵)
  • サスペンションホリゾンタル・ダンパーおよびスプリング付きプッシュロッド式フロント/リア磁気レオロジー・サスペンション
  • ステアリングタイプ / ステアリングシステム可変ステアリング比のLDS(ランボルギーニ・ダイナミックス・テアリング)

ブレーキ

  • ブレーキバキューム・ブレーキ・ブースター付きのデュアル油圧回路ブレーキシステム。フロント/リア CCB、6シリンダー・ブレーキ・キャリパー、4シリンダー・ブレーキ・キャリパー

セーフティー

  • エアバッグ運転席デュアル・ステージ・エアバッグ、助手席アダプティブ・エアバッグ、ヘッド・ソラックス・サイド・エアバッグ内蔵シート、ニー・エアバッグ(対象市場)

外径寸法

  • 全長4,980 mm
  • 全幅(ミラーを除く)2,101 mm
  • 全幅(ミラーを含む)2,265 mm
  • 全高1,133 mm
  • ホイールベース2,700 mm
  • 車両重量
  • 重量配分43 / 57

燃費

  • コンビネーション燃費量18,5 l/100km
  • CO2 排気量447 g/km
  • 排出ガス規制EU6AZ/BG WLTP

ドライビング・ダイナミクス

4アクティブ・サスペンション

Sián Roadster はプッシュロッド式フロント・サスペンションと磁気レオロジー・リアサスペンションを搭載し、道路条件や選択されたドライブモードに応じてサスペンションの挙動を絶えず修正します。

ドライビング・ダイナミクス

電動エンジン/内燃機関

Sián Roadster では、Lamborghini のスーパーコンデンサーの革新的な技術が初めて実用化されました。

ドライビング・ダイナミクス

スマート材料

後部で起動している冷却フィンは、Lamborghini が特許を取得したユニークな技術を駆使しています。

ドライビング・ダイナミクス

4ホイール・ステアリング

Sián Roadster では、Lamborghini Dynamic Steering (ランボルギーニ・ダイナミック・ステアリング) と Lamborghini Rear-wheel Steering (ランボルギーニ・リアホイール・ステアリング) を組み合わせることにより、最高レベルのダイナミック・パフォーマンスを実現しています。

ドライビング・ダイナミクス

4 輪駆動

Sián Roadster の全輪駆動システムは、すべての新しいアクティブシステム、特に Rear-wheel Steering (リアホイール・ステアリング) と連動して動作するように最適化されています。

ドライビング・ダイナミクス

4アクティブ・サスペンション

Sián Roadster はプッシュロッド式フロント・サスペンションと磁気レオロジー・リアサスペンションを搭載し、道路条件や選択されたドライブモードに応じてサスペンションの挙動を絶えず修正します。

ドライビング・ダイナミクス

電動エンジン/内燃機関

Sián Roadster では、Lamborghini のスーパーコンデンサーの革新的な技術が初めて実用化されました。

電動エンジン/内燃機関

Sián Roadster では、Lamborghini のスーパーコンデンサーの革新的な技術が初めて実用化されました。これは、リチウムイオン電池と比較して10倍ものエネルギーを蓄えることができます。同重量のバッテリーの 3 倍のパワー、同出力のバッテリーより 3 倍軽いこの電動システムは、スーパーコンデンサーと 34 CV の電動エンジンからなり、重量はわずか 34 kg。パワーウェイトレシオは驚くべき 1.0 kg/CV です。Sián Roadster の不屈のエンジン V12 にはチタン製インテークバルブが搭載され、8,500 rpm で 785 CV (577 kW) に到達します。Lamborghini のパワートレインでは今までなし得なかった最高の出力で、819 CV (602 kW) を発揮し、350 km/h 以上で走り抜けます。
 

スマート材料

後部で起動している冷却フィンは、Lamborghini が特許を取得したユニークな技術を駆使しています。フィンは、エキゾーストシステムにより生成される温度において、インテリジェント材料から構成される一連のエレメントの反応に連動して起動します。これにより、軽量でありながら、回転が発生すると同時に冷却が行われます。
 

4ホイール・ステアリング

Sián Roadster では、Lamborghini Dynamic Steering (ランボルギーニ・ダイナミック・ステアリング) と Lamborghini Rear-wheel Steering (ランボルギーニ・リアホイール・ステアリング) を組み合わせることにより、最高レベルのダイナミック・パフォーマンスを実現しています。LDSシステムは、スピードとドライバーが選択したドライビングモードに適応し、直接的なステアリングからより間接的なステアリングに移行します。LRSシステムは、2基の電気機械式アクチュエーターにより、ステアリングリアアクスルを制御します。このシステムによって、低速走行時は機敏性が増し、高速走行では車両のフルコントロールと優れた安定性が約束されます。
 

4 輪駆動

Sián Roadster の全輪駆動システムは、すべての新しいアクティブシステム、特に Rear-wheel Steering (リアホイール・ステアリング) と連動して動作するように最適化されています。このシステムは、十分なグリップが得られない状況でもすばらしいパフォーマンスを約束します。フロントアクスルとリアアクスル間のトルク配分は、ドライバーが選択するドライブモードと運転状況に応じて動的に変化します。さらに、Sián Roadster では新世代タイヤ Pirelli P Zero も忘れてはなりません。専用に開発されたこのタイヤは、革新的な車載アクティブシステムの能力を最大限に引き出せるように設計されています。
 

4アクティブ・サスペンション

Sián Roadster はプッシュロッド式フロント・サスペンションと磁気レオロジー・リアサスペンションを搭載し、道路条件や選択されたドライブモードに応じてサスペンションの挙動を絶えず修正します。不要なローリングや車体の動きを補正するだけでなく、システムは Rear-wheel Steering System (リアホイール・ステアリング・システム) と合わせて動作することで、あらゆる条件において完璧な応答が得られるよう研究されました。
 

ドライビング・ダイナミクス

Sián Roadster の燃費とCO2排出量 - 複合モードによる燃費: