ニュース

「コル・タウリ(Cor Tauri)」:Lamborghiniのエコロジー移行方針

18 5月 2021
TELEGRAMでフォローしてください

環境の持続可能性への道程を示した「コル・タウリ(Cor Tauri)方針」の下、Lamborghiniはその将来モデルにおいて脱炭素化を目指します。コル・タウリはラテン語で「雄牛の心臓」を意味し、おうし座の中で最も明るい星を指しています。それは電動化の未来というLamborghiniの方向性を示すとともに、Lamborghiniがブランドの心臓部とその魂に常に忠実であり続けることを表しています。

製品の電動化プロセスでは、Lamborghiniの真の伝統である最高のパフォーマンスとドライビング・ダイナミクスを保証できる技術ソリューションを見極めることに常に焦点が当てられます。

アウトモビリ・Lamborghiniの社長兼CEO Stephan Winkelmannは次のように述べています。「Lamborghiniの電動化計画は、急激に変化する情勢の中で必要となった方針転換であり、具体的なプロジェクトを通じて環境への影響を減らし続けることで貢献したいと考えています。」 

コル・タウリ(Cor Tauri)方針では、次の3つの段階が設定されています。
 

  1. 内燃機関への賛辞(2021年~2022年) 
    第1段階では、ランボルギーニブランドの輝かしい歴史や過去・現在を象徴する製品に敬意を表すモデルに搭載する内燃機関の開発を行います。
     
  2. ハイブリッドへの移行(2024年末まで)
    2023年にハイブリッドシリーズの初となるモデルを発表し、2024年末までにラインアップ全車が電動化される予定です。この段階では、2025年初めからCO2  排出量の50%削減を目指します。ハイブリッドへの移行を推進するために4年間で15億ユーロ(およそ1980億円)を上回る予算が割り当てられ、ランボルギーニ史上最大の投資になるでしょう。
     
  3. 初代フル電動ランボルギーニ(2026年~2030年) 
    このプロセスの成果として、並外れた性能を保証し、新製品を業界のトップに位置づけることができる、第4のモデルとなるフル電動モデルを世に送り出すことを目指します。 
     

Lamborghiniが推進するプログラムは、当社のサステナビリティ戦略の全体的なビジョンに基づいています。製品をはじめとし、生産ラインやオフィスを含めたサンタアガタ・ボロニェーゼ全体を対象とする包括的なアプローチで、これまで通り質の高いパフォーマンスと本物のドライビング・エクスペリエンスを重視した新技術の開発に取り組んでいます。

「コル・タウリ」移行プランの指針が、この世界で求められる最も差し迫ったエコロジーの選択に焦点を当てながらも、ブランドのDNAと、課題をチャンスに変える天性の才能に根ざしていることに変わりはありません。

関連ニュース

Automobili Lamborghini’s Forever Young Program

さらに読む