Skip to main content

NEWS

Lamborghini、Lanzadorを発表:未来のエレクトリック・エモーション

18 8月 2023
プレスリリースにつきましては、
Lamborghiniメディアセンターをご確認ください

Lamborghiniは、モントレー・カーウィークにて、2028年に登場することが発表された第4モデルを予見させるコンセプトカー「Lanzador」を発表します。このコンセプトカーは、「Direzione Cor Tauri(コル・タウリに向かって)」戦略の一環として、2021年に発表された脱炭素化と電動化への道を大きく前進させるものです。
 
「グランツーリスモ 2+2」という前例のないコンセプトを持つLanzadorは、LamborghiniのDNAである妥協のないカリスマ性とスポーツ性を受け継ぎつつ、迎合しない未来志向のデザインで、テクノロジーがずっと身近な新世代のお客様に唯一無二の体験をお届けします。Automobili Lamborghiniの会長兼CEOステファン・ヴィンケルマンは次のように述べています。: 「このコンセプトとともに、「ウルトラGT」という新しい自動車カテゴリーが生まれます。これは、最先端テクノロジーを駆使し、Lamborghiniならではの他にはない新しいドライビング・エクスペリエンスをお客様にお届けするものです」。 .

各車軸に1台ずつ、計2台の電気モーターを搭載し、走行コンディション、路面、運転スタイルを問わず、システムの最高出力は1メガワットを超える効率性と四輪駆動を実現します。

走行中は、スポーツハンドルの操作スイッチで制御システムを調整することができます。ドライバーは車の挙動を積極的に変更して自分だけのプロファイルを作成することができ、自身のドライビング・ニーズを最大限に反映させたスリリングなドライビングを楽しめます。 
 
ドライビング・ダイナミクス・コントロール・システムの新バージョン、Lamborghini Integrated Vehicle Dynamics(LDVI)は、このコンセプトカーと今後登場する量産モデルのどちらにおいても、Lamborghiniにとって新しい基準となるものです。このコントロール・システムは、標準的なスポーツカーと比べても洗練されたシステムであることに加えて、ドライバーによる自由度の高いカスタマイズが可能になっています。

Lanzadorのもう一つの大きな特徴は、アクティブ・エアロダイナミクスです。フロントとリアにアクティブ・エアロダイナミクス・システムを採用し、さまざまなドライビング・モードで空力効率を最大化します。この技術により気流をタイムリーに調節することができ、「アーバン」モードでは航続距離が伸び、「パフォーマンス」モードでは空力負荷が改善されます。
 
さらに、リアアクスル・ステアリングやエアサスペンションにより、Lanzadorはさまざまな路面やドライバーの好みの設定に的確に適応します。好みの設定は走行中にハンドルの操作スイッチで素早く調整できます。

LamborghiniはLanzadorとともに未来の展望を描きます。エクステリアのみならずインテリアにもまた、これまでになかったスタイル・ソリューションを取り入れ、広々とした快適空間という新たな体験をもたらします。

このコンセプトカーの車内は、Lamborghiniが掲げる「Feel like a pilot(パイロットのような気分)」というアプローチをベースに、未来的な空間を作り出しています。人間工学に基づく車内空間には軽くてスリムな操作パネルが搭載され、運転中に車の挙動を積極的に変更することが可能です。メリノウールや再生カーボンなどインテリアに使用されている持続可能な素材は、Lamborghiniらしいラグジュアリーさと快適さを裏切ることなく、環境負荷を減らすという同社のコミットメントを表すものです。スポーツシートの発砲フォームなどの隠れたプラスチック要素の一部は、3Dプリントされたリサイクル繊維でできています。
 
Lanzadorは、自動車の電動化と脱炭素化に現在積極的に取り組んでいるLamborghiniにとって真のマイルストーンとなるモデルです。この新しいコンセプトカーは、CO2排出量を削減し、持続可能な未来を目指す幅広い戦略の一環として誕生しました。
 
電動化へと向かう未来。これが性能、最先端技術、独自デザイン、ラグジュアリー自動車分野のリーダーとしてのポジションを守りながら弊社が目指す未来です。 

関連ニュース

Beyond innovation: Connecting the dots

さらに読