質問してください

設定

文字サイズ

トランジション

Huracán EVO RWD

Rewind to Rear-Wheel Drive

最大出力 (CV) / 最大出力 (KW)
610 CV / 449 kW
最高速度
325 km/h
0-100 km/h
3.3 s
3D
コンフィギュレーション
ここでHuracán EVO RWDを作成する
Lamborghini Huracán EVO RWD

概要

Huracán EVO RWD が、絶大な支持を得たランボルギーニV10モデルの予測テクノロジーにさらなる進化をもたらします。違いを生みだすドライビング・アビリティとメカニカル性能が、純粋なドライビング・エモーションを呼び起こします。
「RWDへの回帰」とは、ピュアなメカニカル性能というランボルギーニ本来のエッセンスに立ち戻ることを意味しています。
 

概要

Huracán EVO RWD が、絶大な支持を得たランボルギーニV10モデルの予測テクノロジーにさらなる進化をもたらします。違いを生みだすドライビング・アビリティとメカニカル性能が、純粋なドライビング・エモーションを呼び起こします。
「RWDへの回帰」とは、ピュアなメカニカル性能というランボルギーニ本来のエッセンスに立ち戻ることを意味しています。
 

Lamborghini Huracán EVO RWD
Lamborghini Huracán EVO RWD

エクステリア

洗練された空力特性とシャークフェイスを思わせるランボルギーニ特有のデザインが、Huracán EVO RWD の中で一つに融合されます。ボディラインは外側に向かって伸び、フロントの大型エアインテークには改善された空力システムが装備されています。リア下部の新ディフューザーはこのモデル専用に設計されました。特徴的なY型スタイルのヘッドライトはフロントスプリッターと一体化され、流線形のボディラインに美しく溶け込みます。
 

Lamborghini Huracán EVO RWD

インテリア

Huracán EVO RWD はコネクション、触覚、感覚的なインタラクションを体現した模範例です。先進デザインを採用したインテリアには、センターコンソール一体型8.4インチのタッチスクリーンを搭載し、洗練されたオンボード環境を作りだします。カバーはレザー、アルカンターラのほか、ランボルギーニの特殊カーボンファイバー素材 Carbon Skin® の中からお選びいただけます。
 

エクステリア

洗練された空力特性とシャークフェイスを思わせるランボルギーニ特有のデザインが、Huracán EVO RWD の中で一つに融合されます。ボディラインは外側に向かって伸び、フロントの大型エアインテークには改善された空力システムが装備されています。リア下部の新ディフューザーはこのモデル専用に設計されました。特徴的なY型スタイルのヘッドライトはフロントスプリッターと一体化され、流線形のボディラインに美しく溶け込みます。
 

インテリア

Huracán EVO RWD はコネクション、触覚、感覚的なインタラクションを体現した模範例です。先進デザインを採用したインテリアには、センターコンソール一体型8.4インチのタッチスクリーンを搭載し、洗練されたオンボード環境を作りだします。カバーはレザー、アルカンターラのほか、ランボルギーニの特殊カーボンファイバー素材 Carbon Skin® の中からお選びいただけます。
 

ZOOM

ここからコンフィギュレーションを始める

3Dフルコンフィギュレ―ターを開く

ここからコンフィギュレーションを始める

FEEL THE ENGINE

出力610 CVを誇るV10自然吸気エンジン独特のサウンドを聴きながら、最高スピード325 km/hまでアドレナリン溢れるスリリングな感覚に身をまかせてください。
 

LAMBORGHINI CENTRO STILE

洗練されたエアロダイナミクスとLamborghiniを象徴するデザインが一つになり、Huracán EVO RWDのボディラインと、シャークフェイスを思わせる表情が生まれます。
 

Lamborghini Huracán EVO RWD
Lamborghini
Centro Stile Design

Lamborghini Huracán EVO RWD
Lamborghini Huracán EVO RWD
Lamborghini Huracán EVO RWD

FEEL THE ENGINE

出力610 CVを誇るV10自然吸気エンジン独特のサウンドを聴きながら、最高スピード325 km/hまでアドレナリン溢れるスリリングな感覚に身をまかせてください。
 

LAMBORGHINI CENTRO STILE

洗練されたエアロダイナミクスとLamborghiniを象徴するデザインが一つになり、Huracán EVO RWDのボディラインと、シャークフェイスを思わせる表情が生まれます。
 

Lamborghini Huracán EVO RWD

スペック

  • 排気量5,204 cm³ (317.57 cu in)
  • 最大出力610 CV (449 kW) @ 8,000 rpm
  • 最高速度325 km/h
  • 加速0-100 KM/H (0-62 MPH)3.3 秒
技術仕様を全表示

エンジン

  • エンジンV10、90°、MPI (マルチポイント噴射) + DSI (直接層状燃料噴射)
  • 排気量5,204 cm³ (317.57 cu in)
  • ボア x ストローク84.5 x 92.8 mm (3.33 x 3.65 in)
  • 圧縮比12.7:1
  • 最高出力610 CV (449 kW) @ 8,000 rpm
  • 最高出力560 Nm @ 6,500 rpm
  • パワーウェイトレシオ2,27 kg/CV (5.02 lb/CV)
  • 潤滑システムドライサンプ
  • 排気ガスによるクラス分けEuro 6 - LEV 3

ギアとエンジントランスミッション

  • トランスミッション電子制御式リアホイールドライブシステム
  • ギアボックス7 速デュアルクラッチ・ギアボックス LDF (ランボルギーニ・ドッピア・フリツィオーネ)

パフォーマンス

  • 最高速度325 km/h
  • 0-100 KM/H (0-62 MPH) 加速3.3 s
  • 0-200 KM/H (0-124 MPH) 加速9.3 s
  • 100-0 km/h (62-0 mph)制動31.9 m

フレーム と車体

  • シャーシアルミニウムとカーボンのハイブリッド構造
  • ボディアルミニウムおよび合成材料
  • トップルーフ
  • ミラー電動格納式、ヒーテッド
  • エアロダイナミクスウィング一体型フロントスプリッター、 エアロダイナミックデフレクター搭載アンダーボディ、スロット付き一体型スポイラー搭載リアエンド

タイヤ

  • ホイールリム – フロント19'' ; 8.5J x 19 ET 42
  • ホイールリム – リア19'' ; 11Jx19 ET 40
  • タイヤ (フロント)245/35 Z R19
  • タイヤ (リア)305/35Z R19

サスペンションとステアリング

  • 制御システムエレクトロニックスタビリティコントロール (ABS および TCS 内蔵)
  • エレクトロニックスタビリティコントロール (ABS および TCS 内蔵)ダブル・ウイッシュボーン式完全独立懸架サスペンション
  • ステアリング・システムエレクトロメカニカルパワーステアリング (EPS)

ブレーキ

  • ブレーキアルミニウム製固定式モノブロックキャリパー(フロント:8ピストン、リア:4ピストン)、鉄製ディスク搭載鋳鉄ブレーキ

セーフティー

  • エアバッグ運転席エアバッグ、助手席エアバッグ、サイドエアバッグ。特定市場ではニーエアバッグ

外径寸法

  • 全長4,520 mm (177.9 in)
  • 全幅(ミラーを除く)1,933 mm (76.10 in)
  • 全幅(ミラーを含む)2,236 mm (88.03 in)
  • 全高1,165 mm (45.86 in)
  • ホイールベース2,620 mm (103.14 in)
  • 乾燥重量1389 kg
  • 重量配分% 40/60

燃費

  • コンビネーション燃費量13,8 l/100 km
  • CO2 排気量330 g/km
  • 排出ガス規制

    EUROPE EU6AG/DG/AZ WLTP

ドライビング・ダイナミクス

HMI

新ヒューマンマシンインターフェースもまた、EVO から技術進化を遂げています。従来のボタンではなく、センタートンネルに8.4インチの静電容量式マルチタッチスクリーンを配します。

ドライビング・ダイナミクス

エアロダイナミクス

デザインは、空力性能を高めるべく細部に至るまで研究が尽くされています。 

ドライビング・ダイナミクス

エンジン

Huracán EVO から継承したV10自然吸気エンジンは、V10サウンド、そして軽合金ストラクチャ、チタン製吸気バルブなどの技術はそのままに、最高峰のV10エンジンに仕上げられています。

ドライビング・ダイナミクス

サスペンション

サスペンション構造にはダブルウィッシュボーン式を採用し、車両の俊敏性とスポーティなパフォーマンスの完璧なバランスを実現しています。

ドライビング・ダイナミクス

ステアリング・システム

Electronic Power Steering(EPS:エレクトロニック・パワー・ステアリング)を搭載します。

ドライビング・ダイナミクス

P-TCS

新 Huracán EVO RWDの性能をさらにワンランク上にするために開発された新機能が、P-TCS(パフォーマンス・トラクション・コントロール)システムです。 

ドライビング・ダイナミクス

トランスミッション

ひとつのユニットに2つのクラッチを想像してみてください。

ドライビング・ダイナミクス

トラクション

単にリアアクスル上にトランスミッションを動かすことではなく、可変パワーフローによるエアロダイナミクス、とりわけトラクション・コントロールシステムなどのドライビング・ダイナミクスの全要素を微調整して車両全体を適応させることが目的でした。

HMI

新ヒューマンマシンインターフェースもまた、EVO から技術進化を遂げています。従来のボタンではなく、センタートンネルに8.4インチの静電容量式マルチタッチスクリーンを配します。画面をタッチするだけで、エンターテインメント機能の操作が可能なほか、リアルタイムなトラフィック情報の受信やドライブモードに合わせた室内ライトの設定ができます。
また、これまでの Huracán にはなかったワンランク上の高度なコネクティビティを提供します。

エアロダイナミクス

デザインは、空力性能を高めるべく細部に至るまで研究が尽くされています。 
フロントスプリッターは空力機能を最優先させるべく設計されています。スロット開口部を通して吊り下げられたフラップがアンダーボディに触れる空気の流れを管理し、気流を最大限に活用します。そして、フロントラジエーターへの流量を大幅に増加させてエンジンの冷却効率を高めます。ディフューザーは Huracán EVO よりもダウンフォースをさらに高められるように再設計されました。
 

エンジン

Huracán EVO から継承したV10自然吸気エンジンは、V10サウンド、そして軽合金ストラクチャ、チタン製吸気バルブなどの技術はそのままに、最高峰のV10エンジンに仕上げられています。

サスペンション

サスペンション構造にはダブルウィッシュボーン式を採用し、車両の俊敏性とスポーティなパフォーマンスの完璧なバランスを実現しています。オプション設定の磁気レオロジーダンパー・システムがドライバーのドライビング・スタイルへすぐに反応します。また、路面状況やドライビング・ダイナミクスに適応して車両コントロールを向上します。

ステアリング・システム

Electronic Power Steering(EPS:エレクトロニック・パワー・ステアリング)を搭載します。この電子制御パワーステアリングは、サーキットでも一般道でも ANIMA(アダプティブ・ネットワーク・インテリジェント・マネージメント)のドライブモードに応じて常に最適なパワーアシストを提供します。
EPS と並んでランボルギーニ・ダイナミック・ステアリング(LDS)も搭載し、車両の動的状況に応じてステアリングギア比をダイナミックに変化させることができます。

P-TCS

新 Huracán EVO RWDの性能をさらにワンランク上にするために開発された新機能が、P-TCS(パフォーマンス・トラクション・コントロール)システムです。 
従来の TCS(トラクション・コントロール)システムに比べ、トルクのプロアクティブ管理によって、
グリップの低い路面を STRADA モードで走行する際のパフォーマンスが向上します。また、SPORT モードではドライビングをより一層楽しむことができ、CORSA モードではカーブ出口の車両のトラクションとアジリティが向上します。

トランスミッション

ひとつのユニットに2つのクラッチを想像してみてください。ギアを入れた時点で、次のギアが係合されれば、ギアチェンジのタイムロスを最小限に抑え、驚くほどスムーズなクラッチ・レスポンスが可能になります。7速の Lamborghini Doppia Frizione(LDF:ランボルギーニ・ドッピア・フリツィオーネ)で、Huracán EVO RWD はこれを実現します。

トラクション

単にリアアクスル上にトランスミッションを動かすことではなく、可変パワーフローによるエアロダイナミクス、とりわけトラクション・コントロールシステムなどのドライビング・ダイナミクスの全要素を微調整して車両全体を適応させることが目的でした。

ドライビング・ダイナミクス

HMI

HMI

新ヒューマンマシンインターフェースもまた、EVO から技術進化を遂げています。従来のボタンではなく、センタートンネルに8.4インチの静電容量式マルチタッチスクリーンを配します。画面をタッチするだけで、エンターテインメント機能の操作が可能なほか、リアルタイムなトラフィック情報の受信やドライブモードに合わせた室内ライトの設定ができます。
また、これまでの Huracán にはなかったワンランク上の高度なコネクティビティを提供します。

エアロダイナミクス

エアロダイナミクス

デザインは、空力性能を高めるべく細部に至るまで研究が尽くされています。 
フロントスプリッターは空力機能を最優先させるべく設計されています。スロット開口部を通して吊り下げられたフラップがアンダーボディに触れる空気の流れを管理し、気流を最大限に活用します。そして、フロントラジエーターへの流量を大幅に増加させてエンジンの冷却効率を高めます。ディフューザーは Huracán EVO よりもダウンフォースをさらに高められるように再設計されました。
 

エンジン

エンジン

Huracán EVO から継承したV10自然吸気エンジンは、V10サウンド、そして軽合金ストラクチャ、チタン製吸気バルブなどの技術はそのままに、最高峰のV10エンジンに仕上げられています。

サスペンション

サスペンション

サスペンション構造にはダブルウィッシュボーン式を採用し、車両の俊敏性とスポーティなパフォーマンスの完璧なバランスを実現しています。オプション設定の磁気レオロジーダンパー・システムがドライバーのドライビング・スタイルへすぐに反応します。また、路面状況やドライビング・ダイナミクスに適応して車両コントロールを向上します。

ステアリング・システム

ステアリング・システム

Electronic Power Steering(EPS:エレクトロニック・パワー・ステアリング)を搭載します。この電子制御パワーステアリングは、サーキットでも一般道でも ANIMA(アダプティブ・ネットワーク・インテリジェント・マネージメント)のドライブモードに応じて常に最適なパワーアシストを提供します。
EPS と並んでランボルギーニ・ダイナミック・ステアリング(LDS)も搭載し、車両の動的状況に応じてステアリングギア比をダイナミックに変化させることができます。

P-TCS

P-TCS

新 Huracán EVO RWDの性能をさらにワンランク上にするために開発された新機能が、P-TCS(パフォーマンス・トラクション・コントロール)システムです。 
従来の TCS(トラクション・コントロール)システムに比べ、トルクのプロアクティブ管理によって、
グリップの低い路面を STRADA モードで走行する際のパフォーマンスが向上します。また、SPORT モードではドライビングをより一層楽しむことができ、CORSA モードではカーブ出口の車両のトラクションとアジリティが向上します。

トランスミッション

トランスミッション

ひとつのユニットに2つのクラッチを想像してみてください。ギアを入れた時点で、次のギアが係合されれば、ギアチェンジのタイムロスを最小限に抑え、驚くほどスムーズなクラッチ・レスポンスが可能になります。7速の Lamborghini Doppia Frizione(LDF:ランボルギーニ・ドッピア・フリツィオーネ)で、Huracán EVO RWD はこれを実現します。

トラクション

トラクション

単にリアアクスル上にトランスミッションを動かすことではなく、可変パワーフローによるエアロダイナミクス、とりわけトラクション・コントロールシステムなどのドライビング・ダイナミクスの全要素を微調整して車両全体を適応させることが目的でした。

Huracan Evo RWD の燃費とCO2排出量 - 複合モードによる燃費: 13,8 l/100km ; - 複合モードによるCO2排出量:330 g/km (WLTP)