質問してください

Aventador LP 780-4 Ultimae

IT TAKES TIME
TO BECOME TIMELESS

0-100 km/h

2.8 s

最大出力 (CV) / 最大出力 (KW)

780 CV (574 kW) at 8,500 rpm

最高速度

355 km/h

0-100 km/h

2.8 s

最大出力 (CV) / 最大出力 (KW)

780 CV (574 kW) at 8,500 rpm

コンフィギュレーション
ここで Aventador LP 780-4 Ultimaeを作成する

拡張現実

概要

Aventadorの最新バージョンは単なるパワフルではなく、史上最強にパワフルです。
ランボルギーニ史上最高の性能を誇る市販車向けV12自然吸気エンジンを搭載し、高度な技術ソリューションと比類ないデザインを見事に融合させています。350台のみのリミテッドシリーズとなるこの傑作モデルは、過去10年間にその名を馳せたスーパースポーツカー・ファミリーの決定版となるものです。
Aventador LP 780-4 Ultimaeは、アイコンとなることが運命づけられた名作です。

ご購入いただけるLamborghiniモデルは、お住まいの国によって異なります。詳しくは、お近くの正規ディーラーまでお問い合わせください。

概要

Aventadorの最新バージョンは単なるパワフルではなく、史上最強にパワフルです。
ランボルギーニ史上最高の性能を誇る市販車向けV12自然吸気エンジンを搭載し、高度な技術ソリューションと比類ないデザインを見事に融合させています。350台のみのリミテッドシリーズとなるこの傑作モデルは、過去10年間にその名を馳せたスーパースポーツカー・ファミリーの決定版となるものです。
Aventador LP 780-4 Ultimaeは、アイコンとなることが運命づけられた名作です。

ご購入いただけるLamborghiniモデルは、お住まいの国によって異なります。詳しくは、お近くの正規ディーラーまでお問い合わせください。

エクステリア

Aventadorの基本コンセプトを取り戻し、Longitudinale Posteriore(LP:ミッドシップ縦置き)の名称を復活させたUltimaeの外観は、無駄のないピュアなボディラインと、広範に使用されているカーボンファイバーを特徴としています。
Centro Stile LamborghiniによってAventador最高峰モデルのために特別にデザインされたカラーリングは、そのフォルムと見事に調和しつつ、ブラック部分と塗装部分とのコントラストを美しく演出しています。
スポーティな本質とピュアなフォルムが融合したとき、そこには時間を超えたスタイルアイコンが生まれます。

インテリア

Aventadorシリーズ最新傑作モデルのインテリアを特徴づけるのは、高級感と洗練されたスタイルです。特に重要な仕上げ部分に採用されているカーボンファイバーや、裏地のカラーが見えるようにY型にレーザー加工されたAlcantara®などの機能性に優れた高級素材が、ラグジュアリーな室内の個性的なアクセントとして光ります。
このリミテッドシリーズの生産番号が記されたカーボンプレートもまた、その装備を特別なものにしています。
さらに、Ad Personamの数々の最新コーディネートも用意されています。

スペック

  • 排気量6,498 cm3 (396.5 cu in)
  • 最大出力780 CV (574 kW) at 8,500 rpm
  • 最高速度355 km/h
  • 加速 0-100 km/h (MPH 0-62)2.8 秒
  • トランスミッションのタイプ第4世代Haldex搭載4輪駆動

エンジン

  • タイプV12、60°、MPI(マルチポイントインジェクション)
  • 排気量6,498 cm3 (396.5 cu in)
  • 内径×行程95 mm x 76.4 mm (3.74 x 3.01 in)
  • 圧縮比11.8:0.2
  • 最大出力780 CV (574 kW) at 8,500 rpm
  • 最大トルク720 Nm (531 lb.-ft.) @ 6,750 rpm
  • エミッションクラスEURO 6 - LEV 3
  • 排気処理ラムダセンサー付き触媒コンバーター
  • クーリング・システム可変エアインテークを採用した水冷・油冷式クロスフロー冷却システム
  • エンジン管理イオン電流解析機能付きLIE(Lamborghini Iniezione Elettronica)
  • 潤滑ドライサンプ

トランスミッション

  • トランスミッションのタイプ第4世代Haldex搭載4輪駆動
  • ギアボックス7速ISR(インディペンデント・シフティング・ロッズ)
  • クラッチ乾式ダブルプレートクラッチ、Ø 235 mm(9.25 in)

パフォーマンス

  • 最高速度355 km/h
  • 加速 0-100 km/h2.8 秒
  • 加速 0-200 km/h:8.7 秒

シャーシとボディ

  • フレームアルミニウム製フロント/リアフレーム付きカーボンファイバー・モノコック
  • ボディシェルカーボンファイバー製エンジンボンネット、リアエアインレット、スポイラー。他のパネル類にはアルミニウムおよび合成材料を使用。 ハードトップは高圧RTM成形カーボンファイバー製塗装仕上げ(Aventador S Roadster)
  • ミラー電動による調整と折り畳み可能、加熱式サイドミラー
  • エアロダイナミクス電動式3ポジションリアスポイラー、総パネル張りアンダーボディ

タイヤとホイール

  • エレクトロニック・スタビリティ・コントロール(ESC)選択したドライブモードに応じて、異なる特性を持つ ABS と TCS を統合した ESC
  • ステアリングドライブ・セレクト・モードで制御。ランボルギーニ・ダイナミック・ステアリング(LDS)およびランボルギーニ・リアホイール・ステアリング(LDS)と連動した、3種類のサーボトロニック特性を備えた油圧式パワーステアリング。
  • タイヤ(フロント)ピレリPゼロコルサ 255/30 ZR 20。オプション設定:ピレリP ゼロ 255/30 ZR 20 92Y
  • タイヤ(リア)ピレリPゼロコルサ 355/25 ZR 21 107Y。オプション設定:ピレリP ゼロ 355/25 ZR 21 107Y
  • ホイール(フロント)9”J X 20”
  • ホイール(リア)13”JX21”

サスペンション

  • サスペンションタイプ水平ダンパーとスプリングを装備した、プッシュロッド式磁気レオロジー・アクティブ・フロント/リアサスペンション。

ブレーキ

  • ブレーキアルミニウム製モノブロックキャリパー、フロントに6シリンダーのブレーキキャリパー、リアに4シリンダーのブレーキキャリパーを装備したカーボンセラミックブレーキ

エアバッグ

  • エアバッグ運転席用・助手席用エアバッグ、サイドエアバッグ

寸法

  • ホイールベース2,700 mm (106.30 in)
  • 全長4,868 mm (191.65 in)
  • 全幅(ミラーを除く)2,098 mm (82.59 in)
  • 全幅(ミラーを含む)2,273 mm (89.48 in)
  • 全高1,136 mm (44.72 in)
  • フロントトレッド1,720 mm (67.71 in)
  • リアトレッド1,680 mm (66.14 in)
  • 乾燥重量1,550 kg (3,417 lb);
  • パワーウェイトレシオ1.98 kg/CV (4.36 lb/CV) 
  • 重量配分(フロント – リア43% - 57%

燃料消費率

  • 燃費(複合)承認待ち
  • CO2排出量承認待ち

ドライビングダイナミクス

モノコック

カーボンファイバー・モノコックはAventadorシリーズのデザイン最高傑作であり、このモデルでは特にカーボンファイバーが広範に使用されていることが一目瞭然です。

ドライビングダイナミクス

4ホイール・ステアリング

Aventador LP 780-4 Ultimaeでは、ランボルギーニ・ダイナミック・ステアリング(LDS)とランボルギーニ・リアホイール・ステアリング(LRS)という究極の組み合わせにより、トップレベルのダイナミック・パフォーマンスを実現し、低速時の敏捷性を向上させると同時に、高速時の車両の制御と安定性を高めています。

ドライビングダイナミクス

4アクティブ・サスペンション

Aventador LP 780-4 Ultimaeは、路面コンディションや選択されたドライビングモードに応じて車のダイナミック挙動を適応させることができるプッシュロッド式磁気レオロジー・アクティブ・フロント/リアサスペンションを搭載し、あらゆる状況下で最高のレスポンスを実現します。

ドライビングダイナミクス

4輪駆動

4輪駆動システムは、ランボルギーニ・リアホイール・ステアリング(LRS)をはじめとするすべての新しいアクティブシステムと連携して動作するように最適化されており、低グリップ路面でも高いパフォーマンスとドライビングプレジャーを実現します。路面コンディションや選択されたドライビングモードに応じて、前後の車軸間のトルク配分がダイナミックに変動します。

ドライビングダイナミクス

4つのドライビングモード

あらゆる路面コンディションも問題ではありません。Aventador LP 780-4 Ultimaeは、ダイナミックなモードセレクターによって完全なコントロールを可能にしています。

ドライビングダイナミクス

エンジン

Aventador LP 780-4 Ultimaeは、ランボルギーニ史上最強の市販車向けV12自然吸気エンジンを搭載します。チタン製インテークバルブを採用した結果、最高出力は780 hp (574kW) / 8,500 rpmにまで達し、そのパフォーマンスに妥協はありません。

ドライビングダイナミクス

トランスミッション

ISR(Independent Shifting Rods)を搭載するAventador LP 780-4 Ultimaeは、心を揺さぶるような軽快なシフトチェンジを実現します。

ドライビングダイナミクス

モノコック

カーボンファイバー・モノコックはAventadorシリーズのデザイン最高傑作であり、このモデルでは特にカーボンファイバーが広範に使用されていることが一目瞭然です。

ドライビングダイナミクス

4ホイール・ステアリング

Aventador LP 780-4 Ultimaeでは、ランボルギーニ・ダイナミック・ステアリング(LDS)とランボルギーニ・リアホイール・ステアリング(LRS)という究極の組み合わせにより、トップレベルのダイナミック・パフォーマンスを実現し、低速時の敏捷性を向上させると同時に、高速時の車両の制御と安定性を高めています。

4ホイール・ステアリング

Aventador LP 780-4 Ultimaeでは、ランボルギーニ・ダイナミック・ステアリング(LDS)とランボルギーニ・リアホイール・ステアリング(LRS)という究極の組み合わせにより、トップレベルのダイナミック・パフォーマンスを実現し、低速時の敏捷性を向上させると同時に、高速時の車両の制御と安定性を高めています。
LDSシステムでは、走行スピードとドライビングモードの選択に応じて直接的なステアリングまたはより間接的なステアリングが選択されます。LRSシステムは、2個の電気機械式アクチュエーターにより、後輪を制御します。その結果、かつて経験したことのないドライビング・エクスペリエンスを実現しています。

4アクティブ・サスペンション

Aventador LP 780-4 Ultimaeは、路面コンディションや選択されたドライビングモードに応じて車のダイナミック挙動を適応させることができるプッシュロッド式磁気レオロジー・アクティブ・フロント/リアサスペンションを搭載し、あらゆる状況下で最高のレスポンスを実現します。
このシステムは不要なローリングや車体の動きを補正するだけでなく、ランボルギーニ・リアホイール・ステアリング(LRS)と連携して動作するように設計されています。

4輪駆動

4輪駆動システムは、ランボルギーニ・リアホイール・ステアリング(LRS)をはじめとするすべての新しいアクティブシステムと連携して動作するように最適化されており、低グリップ路面でも高いパフォーマンスとドライビングプレジャーを実現します。路面コンディションや選択されたドライビングモードに応じて、前後の車軸間のトルク配分がダイナミックに変動します。
ピレリPゼロタイヤが革新的なアクティブシステムの力をさらに引き出します。

4つのドライビングモード

あらゆる路面コンディションも問題ではありません。Aventador LP 780-4 Ultimaeは、ダイナミックなモードセレクターによって完全なコントロールを可能にしています。「STRADA」、「SPORT」、「CORSA」のいずれかを選択すれば、エンジン、トランスミッション、トラクション、ステアリング、サスペンション、スタビリティ・コントロールを最適に調整することができます。これらに加えて、EGOモードでは、すべての設定をカスタマイズし、自分だけのドライビングを楽しむことができます。

エンジン

Aventador LP 780-4 Ultimaeは、ランボルギーニ史上最強の市販車向けV12自然吸気エンジンを搭載します。チタン製インテークバルブを採用した結果、最高出力は780 hp (574kW) / 8,500 rpmにまで達し、そのパフォーマンスに妥協はありません。これら驚異的な数値が物語るように、0-100km/h加速もまた驚異の2.8秒を誇ります。

トランスミッション

ISR(Independent Shifting Rods)を搭載するAventador LP 780-4 Ultimaeは、心を揺さぶるような軽快なシフトチェンジを実現します。超高速シフトチェンジを可能にするこのセミオートマチック・トランスミッションは、「軽量化」と「マニュアル・トランスミッションよりもコンパクトなサイズ」という、スーパースポーツカーにとって大きな2つのアドバンテージをもたらします。

モノコック

カーボンファイバー・モノコックはAventadorシリーズのデザイン最高傑作であり、このモデルでは特にカーボンファイバーが広範に使用されていることが一目瞭然です。
単一構造のモノコックはその驚きの軽さだけでなく、いまだかつてなかったレベルの剛性をも実現しています。

ドライビングダイナミクス

燃費と排出量は認証段階です ;