service contact center 97356164 1800x405

お問い合わせフォーム

* が付されている欄は必須です。

当該本人により提供された個人情報は、2003年6月30日に制定されたイタリア政令第196号、個人情報保護法に従い、以下の目的のために紙、電子的、自動化された媒体を使用して情報管理者であり、Via Modena, 12, I-40019 Sant'Agata Bolognese (Bologna), Italy に本社を置くAutomobili Lamborghini S.p.A. (以下、「ランボルギーニ」) によって処理されます。

(i) 当該本人およびランボルギーニ間の関係を管理し、当該本人より要求された情報、アシスタンス、サービスを提供するため。上記の目的のためのみにお客様の個人情報はランボルギーニによりフォルクスワーゲン-アウディグループの関連会社、ランボルギーニのセールスおよびアシスタンスネットワーク関連会社 (支社、輸入業者、ディーラー、販売店、修理工場等)、欧州連合外に設立されたものを含むランボルギーニと契約関係を持つ会社、またはそれらのいずれかに提供されます。当該会社は適用される法律に従い、上記の目的にのみ個人情報を処理します。情報はランボルギーニ及び上記の当該会社により指定された情報処理者及び 情報処理担当者に提供される場合があります。

(ii) ランボルギーニ、そのセールスおよびアシスタンスネットワークが市場調査、顧客満足度調査、プロモーション活動を実施し、商業上の情報を管理できるようにするため。 上記の目的のためのみにお客様の個人情報はランボルギーニによりフォルクスワーゲン-アウディグループの関連会社、ランボルギーニのセールスおよびアシスタンスネットワーク関連会社 (支社、輸入業者、ディーラー、販売店、修理工場等)、または欧州連合外に設立されたものを含むランボルギーニと契約関係を持つ会社、またはそれらのいずれかに提供される場合があります。この場合、当該会社は適用される法律に従い、上記の目的にのみ個人情報を処理します。 上記の目的に関して、特に上記に記載されているものを除き、当該本人より提供された個人情報はランボルギーニにより第三者に譲渡されることはなく、流布されることはありません。

(i) の目的のためにお客様の個人情報を提供するか否かは任意です。すなわち、法律により要求されるものではありません。しかし、要求されたアシスタンス、情報、サービスを受けるには必要です。 「必須」として指示された情報が提供されない場合、お客様は要求されたアシスタンス、情報、サービスを受けられません。

(ii) の目的のためにお客様の個人情報を提供するか否かは任意です。すなわち、法律により要求されるものではありません。この目的のための情報が提供されない場合、市場調査、顧客満足度調査をおこなうに当たり連絡を受けられず、ランボルギーニ、そのセールスおよびアシスタンスネットワーク、およびそれらの関連会社が企画する商業活動およびプロモーション活動、またはその一方に関する情報を受け取ることができなくなります。

更新の目的のため、当該本人から提供された個人情報は、当該本人が他の状況で提供しランボルギーニが合法的に所有している他の情報と照合される場合があります。

当該本人としてお客様は2003年6月30日に制定されたイタリア政令第196号第7条に明記された権利を有します。 ランボルギーニにより指定された情報処理者を知る権利を含むこれらの権利の行使に関して、お客様はお電話していただくか、あるいは書面による通知をprivacy@lamborghini.comまたはファックス番号+39- 051-6817972にお送りください。
2003年6月30日制定イタリア政令第196号第7条

1. 当該本人は、記録の有無に関わらず本人自身に関する個人情報の存在の有無及び当該情報の授受に関して、明瞭な形での確認を取る権利を有します。

2. 当該本人は以下についての情報を得る権利を有します。a) 当該個人情報の情報源、b) 情報処理の目的及び方法、c) 情報処理が電子的方法で行われる場合は、情報処理に使用される論理、d) 情報管理者、情報処理者、及び5条2項に基づき指定する代表者の識別情報、e) 当該個人情報が伝えられる可能性がある者、あるいはその者の属性、並びに国の管轄区域の指定された代表、情報処理者及び情報処理担当者として当該個人情報を知る可能性がある者、あるいはその者の属性

3. 当該本人は以下の内容を取得する権利を有します。a) 当該個人情報の更新、修正、または関心がある場合は当該個人情報の統合、b) 情報収集及びその後の処理の目的に対し不要な情報の保持を含む、不法に処理された情報の抹消、匿名化、遮断、c) 要件が不可能であると証明される場合、または保護されるべき権利に対して明らかに不釣り合いな労力を要する場合を除き、当該個人情報が伝達または伝播された者に対して上記 a) 及び b) の手続き及び内容が通知されたことを示す証明

4. 当該本人は以下の内容に対して全体または一部について反対する権利を有します。a) 情報収集の目的に則していながらも、正当な根拠が存在する場合の当該本人の個人情報の処理、b) 広告資料の送付、直接販売、及び市場調査や商業コミュニケーション調査を目的とする当該本人の個人情報の処理