路上に停車している白いランボルギーニ・シルエットの横から見た前部分だけをトリミングされた画像。

パフォーマンス ランボルギーニの全てのパワー、より快適にドライブ。

センター部分にエンジンがマウントされているSilhouetteは、Urracoのエボリューションであり、たった53台しか生産されませんでした。その最後の1台は、将来のJalpaのプロトタイプとして使用されました。クーペ特有のデザインであるにも関わらず、250馬力を出すV8 型エンジンは、時速260キロの最高速度まで達することができ、Silhouetteは当時は最も快適なスーパーカーでした。

斜め後ろから見た白いランボルギーニ・シルエットのトリミングされた画像。

デザイン アメリカをも魅了するデザイン。

Urracoのエボリューションとして生まれ、そしてランボルギーニ初のタルガトップのルーフを持つSilhouetteは、後部シートに楽に収納できる取り外し可能なルーフによって、オープンカータイプのクーペが流行っていたアメリカ市場をターゲットに開発されました。

オプション
文字サイズ
コントラスト
スタート - ストップ
ソーシャルメディアで共有