後ろから見たランボルギーニ・ムルシエラゴのトリミングされた画像、ライトとホイールの一部が見える。

パフォーマンス ランボルギーニ特有のエンジン配置を踏襲した2シーター、2ドアのクーペ

ミッドシップV12エンジンのトランスミッションには、ランボルギーニ特有の配置を採用。エンジンの前にギヤボックスを設置、パワートレインにリア・ディファレンシャルを「統合」し、セントラル・ビスカス・カプリングを搭載しました。この結果、4輪駆動によって最適な重量配分が可能となり、グリップ、ブレーキ、ハンドリングが大幅に改善されました。

ランボルギーニのエンジンとヘッドカバーが写るトリミングされた画像。

インテリア デザイン 航空宇宙工学に着想を得た高効率のカスタムデザイン

ランボルギーニのクラシックなラインを踏襲しつつ、歴代のアイコンにオマージュを捧げたデザイン。Murciélago(ムルシエラゴ)のフォルムには、Countach(カウンタック)の表面構造やV型デザイン、Miura(ミウラ)の官能性、そしてDiablo(ディアブロ)のデザインに見られる独特のバランスが見て取れます。さらに、進化したパッセンジャー・コンパートメントのデザインも見逃せません。

オプション
文字サイズ
コントラスト
スタート - ストップ
ソーシャルメディアで共有