• 斜め前から見た青いランボルギーニ・アヴェンタドールSVロードスターが近未来的な回廊に停まっている。
青いドアとフロントホイールを大きく写したトリミングされた画像。

概要

Aventador Superveloce Roadster(ランボルギーニ・アヴェンタドール・スーパーヴェローチェ・ロードスター)の最新機能や詳細な技術仕様をご紹介。ランボルギーニがAventador(アヴェンタドール)とともに世に送り出した画期的な革新技術は、ランボルギーニの代名詞とも言えるスーパー・スポーツカーの新時代到来を告げました。Aventador SV(アヴェンタドールSV)は、これまでのコンセプトを一新するとともに、ロードスターの艶やかな開放感をプラスしたモデルです。
Superveloce(スーパーヴェローチェ)のデザインが目指したのは、驚異のスピードで痺れるようなスリルをお届けする史上最もスポーティーなランボルギーニ。さらなる改良を遂げた自然吸気V12エンジンや限界まで軽量化を推し進めた工学ソリューション、そして磁性流体プッシュロッド式サスペンションならびにLamborghini Dynamic Steering(ランボルギーニ・ダイナミック・ステアリング・システム)をはじめとする数々の革新技術により、見事それを現実のものとしました。すべての無駄をそぎ落とし、Roadster(ロードスター)仕様のスーパー・スポーツカーのピュアな魅力を前面に打ち出したAventador Superveloce Roadster(アヴェンタドールSVロードスター)。究極のさらに上を行くドライビング体験をお約束します。Aventador Superveloce Roadster(アヴェンタドール・スーパーヴェローチェ・ロードスター)の特性および詳細な技術仕様については、以下をご覧ください。

横から見た青いランボルギーニ・アヴェンタドールSVロードスターの後ろ半分だけが写っている画像、山に囲まれた湖沿いの道を走っている。 横から見た青いランボルギーニ・アヴェンタドールSVロードスターの後ろ半分だけが写っている画像、山に囲まれた湖沿いの道を走っている。

エモーション

Aventador Superveloce Roadster(ランボルギーニ・アヴェンタドール・スーパーヴェローチェ・ロードスター)は、パフォーマンスの向上に細心の注意を払って開発されました。あらゆる状況下において揺らぐことのない車両の制御性、よりスポーティーな走りを可能にする自然吸気ショートストロークV12エンジン、そしてメイド・イン・イタリアの最高品質素材を用いたラグジュアリーなインテリア――。

さらに、全身で風を感じつつレースさながらのスリルを味わえます。

唯一無二のドライビング体験、それがAventador Superveloce Roadster(アヴェンタドール・スーパーヴェローチェ・ロードスター)です。

エクステリア・ デザイン

Aventador Superveloce Roadster(アヴェンタドール・スーパーヴェローチェ・ロードスター)を構成するエレメントは、いずれもランボルギーニのスタイルおよびデザインはそのままに、均衡を一定に保ちながら車体を極限にまで軽量化するべく慎重に取捨選択したものであり、1つとして無駄なものはありません。カーボンファイバー強化ポリマー(CFRP)をはじめとする精密素材の採用により、過去に前例のない大幅な重量削減を達成。Aventador Roadster(アヴェンタドール・ロードスター)と比較して50kgの軽量化に成功しました。Aventador SV Roadster(アヴェンタドールSVロードスター)ならではのスポーティーな個性を物語るのが、そのライン。エアベントやリアスポイラー、バンパーに使用されている超軽量カーボンファイバーをはじめとする素材使いも、軽やかさと敏捷性を際立たせています。

青いランボルギーニ・アヴェンタドールSVロードスターの前側を斜め上から写したトリミングされた画像。 窓付きの壁の明るい屋内で青いランボルギーニ・アヴェンタドールSVロードスターを斜め後ろから見た画像。 ガラス天井の屋内に青いアヴェンタドールSVロードスターの横から見た全体像。 青いランボルギーニ・アヴェンタドールSVロードスターのバンパーと片方のヘッドライトが写っているトリミングされた画像。
窓付きの壁の明るい屋内で青いランボルギーニ・アヴェンタドールSVロードスターを斜め後ろから見た画像。

インテリア

新ランボルギーニSV Roadster(SVロードスター)のインテリアにも、Aventador(アヴェンタドール)本来のピュアな本質に迫ろうとするランボルギーニの姿勢が現れています。防音機能やナビゲーションシステムはないものの、剥き出しとなった車の構造に触れることが可能となりました。
パッセンジャー・コンパートメントは、ところどころカーボンファイバー製モノコックが視認できるポイントを設けており、ドアやスポーツシートに使用されている素材の中にあって、カーボンファイバーの存在感が光るデザイン。一方、レザーとAlcantara®(アルカンターラ®)の革張りが、ランボルギーニならではの高級感と高品質を印象付けます。

オプション
文字サイズ
コントラスト
スタート - ストップ
ソーシャルメディアで共有