• 斜め前から見た赤いランボルギーニ・アヴェンタドールSVクーペが前景に写っている画像、山々を背景に道路を走っている。
赤いアヴェンタドールSVクーペのウィングが設けられた車体後部を写したトリミングされた画像。

概要

ランボルギーニがAventador(アヴェンタドール)とともに世に送り出した画期的な革新技術は、ランボルギーニの代名詞とも言えるスーパー・スポーツカーの新時代到来を告げました。さらにAventador SV Coupé(アヴェンタドールSVクーペ)は、これまでのコンセプトを一新したモデルです。Superveloce(スーパーヴェローチェ)のデザインが目指したのは、驚異のスピードで痺れるようなスリルをお届けする史上最もスポーティーなランボルギーニ。これを可能にしたのは、さらなる改良を遂げた自然吸気V12エンジン、限界まで軽量化を推し進めた工学ソリューション、磁性流体プッシュロッド式サスペンション、ランボルギーニ・ダイナミック・ステアリング・システムなどの数々の革新技術です。すべての無駄をそぎ落とし、スーパー・スポーツカーのピュアな魅力を前面に打ち出したAventador Superveloce Coupé(アヴェンタドールSVクーペ)。製品特性および詳細な技術仕様については、以下をご覧ください。

横から見た赤いランボルギーニ・アヴェンタドールSVクーペの後ろ半分だけが写っている画像、岩山を背景に灰色の空の下を走っている。 横から見た赤いランボルギーニ・アヴェンタドールSVクーペの後ろ半分だけが写っている画像、岩山を背景に灰色の空の下を走っている。

エモーション

驚異的なパワーを発揮し、ニーズに応じてコントロール可能な自然吸気V12エンジンの比類なきパフォーマンスが、イタリア屈指の職人たちの技が光る最高品質の素材をまとった車。そのような至高の車がレーストラックを疾走する姿を思い描いてみてください。そして、ステアリングホイールを握る自分が感じるであろうレースのスリルと感動を。


背後では、750CVの轟音が空気を震わせています。そう、それがAventador Superveloce Coupé(アヴェンタドール・スーパーヴェローチェ・クーペ)。最高のパフォーマンスでスリルあふれるドライビング体験をお届けします。

デザイン エクステリア・

革新的かつシャープに研ぎ澄まされたデザインは、最大限にまで空気力学の恩恵を享受するべく綿密に設計されたもの。一目でランボルギーニとわかる特徴的なデザインを受け継ぎつつ、「機能あってこそのフォルム」を体現しました。Aventador SV(アヴェンタドールSV)ならではのスポーティーな個性を物語るのが、そのライン。また、エアベントやリアスポイラー、バンパーに使用されている超軽量カーボンファイバーをはじめとする素材使いも、軽やかさと敏捷性を際立たせています。

サーキットを走る黄色いランボルギーニ・アヴェンタドールSVクーペの前側部分だけが写ったトリミングされた画像。 黄色いランボルギーニ・アヴェンタドールSVクーペの後部を斜め後ろから写した画像、眺めのよいテラスに停まっている。 黄色いランボルギーニ・アヴェンタドールSVクーペがサーキットを走る姿を正面から写した画像。 黒いホイールリムの詳細画像。
黄色いランボルギーニ・アヴェンタドールSVクーペの後部を斜め後ろから写した画像、眺めのよいテラスに停まっている。

インテリア

Aventador SV(アヴェンタドールSV)のインテリアにも、Aventador(アヴェンタドール)本来のピュアな本質に迫ろうとするランボルギーニの姿勢が現れています。防音機能やナビゲーションシステムはないものの、剥き出しとなった車の構造に触れることが可能となりました。パッセンジャー・コンパートメントに、ところどころカーボンファイバー製モノコックが見えるポイントを設けており、ドアやスポーツシートに使用されるカーボンファイバーという素材の存在感が光るデザイン。一方、レザーとAlcantara®(アルカンターラ®) の革張りが、ランボルギーニならではの高級感と高品質を印象付けます。

オプション
文字サイズ
コントラスト
スタート - ストップ
ソーシャルメディアで共有