• 斜めから見た赤いランボルギーニ・アヴェンタドール・クーペが前景の画像、山道のカーブを走っている画像。
斜めから見た赤いランボルギーニ・アヴェンタドール・クーペがイルミネーション輝く街中に停車しているトリミングされた画像、片方のヘッドライトが点灯しているのだけが確認できる。

概要

「パフォーマンス」とは何か――Aventador Coupé(アヴェンタドール・クーペ)は、従来のパフォーマンスの概念を塗り替え、スーパー・スポーツカー・セグメントに新たなベンチマークを打ち立てることを目標に掲げた車。未来を提案するモデルです。「暴れ牛」ブランドの伝統とランボルギーニを未開の領域へと誘う高い革新性とが融合し、ここに真のスーパーカー伝説が幕を開けました。

横から見た赤いランボルギーニ・アヴェンタドール・クーペの後ろ半分だけが写っている画像、岩を背景に砂地を走っている。 横から見た赤いランボルギーニ・アヴェンタドール・クーペの後ろ半分だけが写っている画像、岩を背景に砂地を走っている。

エモーション

Aventador(ランボルギーニ・アヴェンタドール・クーペ)が擁するのは、サンタアガタ・ボロネーゼにおいて手作業で組み立てられたV12エンジン。自然なバランスで、中央部分に縦に搭載されています。あらゆるエンジン速度に対応する優れた加速力、電光石火の反応性、息を呑むような轟音が、その驚異的な威力を物語っています。鼓動する車の「心臓」が私たちを連れて行ってくれるのは、不可能なことなど何もない場所。その場所に辿りついたら最後、二度と後戻りなどしたくなくなるでしょう。あらゆる一般的な限界を超越したときに得られる感覚は、もはや言葉にならないほどの衝撃ですべてを変えてしまいます。

エクステリア・ デザイン

デザイン――ランボルギーニにとって、それは世界各地でスーパー・スポーツカーの歴史に残る偉業を成し遂げてきたブランドを象徴する存在。一目見てランボルギーニとわからなければ、それはランボルギーニではありません。Aventador Coupé(アヴェンタドール・クーペ)もまた、あらゆるディテールに至るまでピュアなランボルギーニのDNAを宿しています。それは、力強さと攻撃性を体現し、研究開発部門から生まれたカーボンファイバー製モノコックを革新の象徴として打ち出した珠玉のデザイン。こうして、忘れられないドライビング体験を実現する車が誕生しました。エンジンを切った後も、鼓動の高鳴りとアドレナリンが消えることはありません。

透明なボンネットの詳細を写した写真。 赤いランボルギーニ・アヴェンタドール・クーペを後ろから写した夜の画像。テールライトが点灯し、前方には歴史的な現像物が見える。 赤いランボルギーニ・アヴェンタドール・クーペを後ろから写した夜の画像。テールライトが点灯し、前方には歴史的な現像物が見える。 ヘッドライトを正面から写したトリミングされた画像、ドアが縦に開いているのが見える。
赤いランボルギーニ・アヴェンタドール・クーペを後ろから写した夜の画像。テールライトが点灯し、前方には歴史的な現像物が見える。

インテリア

Aventador Coupé(アヴェンタドール・クーペ)のドアを開ければ、そこに広がるのは独自の洗練性、ハイテク、高級感が混然一体となった世界。最高級品質の素材を手作業で仕上げたインテリアは、ランボルギーニの誇る職人チームが伝統技術を駆使して創り上げたもの。最先端のインストゥルメント・クラスターとも見事な調和を見せています。最新の航空機に倣い、インストゥルメントは革新的なインタラクティブTFT LCDディスプレイに表示。インストゥルメント・パネルの中央に位置する2台目のTDTディスプレイは、マルチメディアおよびナビゲーション機能専用となっています。

オプション
文字サイズ
コントラスト
スタート - ストップ
ソーシャルメディアで共有