ホイールリムが写る画像の一部。

パフォーマンス 直ちに成功を収める。

フランコ・スアリイオーネのアイデアであったプロトタイプの350 GTVよりバランスの取れたラインを持つ350 GTは、初めて公式に生産されるようになったランボルギーニです。
350 GTも直ちに成功をおさめ、Carrozzeria Touring から生産された120台の車には、大概320馬力を持つ3.5リットルの12シリンダータイプのエンジンが搭載されていました。
これに2台のバージョンのSpyder (350 GTS)が生産され、共にCarrozzeria Touringから実現されました。

「350GT」の文字が付いた赤い車後部が写るトリミングされた画像。

デザイン ディーテールの称賛。

ボディーは、アルミニウムのエレメンツ、インデペンデントなサスペンション、4つのディスクブレーキ、そして数台には自己ロック式ディフェレンシャルが使用され、更にリッチになりました。

ソーシャルメディアで共有