革新

素材の革新 初頭、Vizzini 氏はランボルギーニ Countach 用の炭素繊維強化プラスチック (CFRP) 製フレームの予備設計を開始することにしましたしかし、公の場所に出ることはありませんでした。Countach Evoluzione は、カーボンファイバー製複合材 100% のボディを誇り、Countach の基準モデルと比較して約 500 kg もの軽量化に成功しました。パフォーマンスも優れたものでした。標準装備のエンジンに若干手を加えた 490 HP のエンジンが装備されたにもかかわらず、ナルドサーキットで Countach Evoluzione は 330 km/h のスピードを上回りました。 

もっと詳しく見る
カーボンファイバーを加工する手が写ったトリミングされた画像。 カーボンファイバー製部品が写ったトリミングされた暗い画像。

30年以上にわたる研究

30 年以上、ランボルギーニは、シアトルの先進複合構造研究所 (Advanced Composite Structures Laboratory: ACSL) を含む国際的な研究活動を通して自動車業界でカーボンファイバー技術を開発し、採用してきました。
ボーイングとのパートナーシップにより、ランボルギーニは複合材料に新しいシナリオを描き、カーボンファイバーの研究において最先端を行くリーダー企業であることを確認しました。

Sesto elemento

航空業界のパートナーと確立した協力関係により、Aerospace とのパートナープロジェクトが実際に行われ、高い技術を駆使したプロジェクトである Sesto Elemento ではカーボンファイバー使用前には絶対に得られなかった結果に到達しました。

もっと詳しく見る
画像には、ランボルギーニ・セスト・エレメントの黒いボンネットの詳細がクローズアップされている。 斜めから見たランボルギーニ・セスト・エレメントが道路を走っている画像。

CARBONSKIN®

ランボルギーニの歴史において、熱硬化性マトリックス (温度が上がると硬くなるため、このように名付けられた) を備えたカーボンファイバーは、80 年代から頑丈な構造部品および装飾部品の開発に使われてきました。
もう一度革新を表現できるようにするため、航空宇宙業界からインスピレーションを得、Automobili Lamborghini は初めてフレキシブル素材の分野におけるその考えを広めました。数年の研究開発の後、車両の内装に適した、フレキシブルマトリックス素材を使用したカーボンファイバー製新素材を開発しました。
CarbonSkin® は、Automobili Lamborghini 先進複合材研究センター (ACRC) の研究開発チームがすべて開発したもので、自動車業界で要求されるすべての基準およびバリデーションの要件に適合しています。これは「CarbonSkin®」という名前で世界中で特許を取得しており、VW グループの品質および基準要件を満たす世界でも唯一の製品です。
この革新素材は、軽量化 (アルカンターラおよびレザーでそれぞれ - 28%、- 65%) だけでなく、カーボンファイバーの自然な外観、3D 効果、他のあらゆる素材を比較して触ってすぐに感じられ柔らかさが特徴です。

内装に使われるカーボンスキンと呼ばれるカーボンファイバー素材のパーツを写した画像。 内装に使われるカーボンスキンと呼ばれるカーボンファイバー素材の編み目をクローズアップしたトリミングされた画像。

AVENTADORモノコック

カーボンファイバーを構造レベルで車両の居住空間に多く使用し、技術プロセスを継続して開発することにより、ランボルギーニは 2011 年、スーパースポーツカー Aventador 用カーボンファイバー製革新モノコックによる挑戦に成功しました。

もっと詳しく見る
何もない背景にモノコックだけの画像。 青いランボルギーニ・アヴェンタドール正面のスポイラー詳細。
ソーシャルメディアで共有