• 斜め前から見た赤いランボルギーニ・アヴェンタドールSVクーペが前景に写っている画像、山々を背景に道路を走っている。
赤いアヴェンタドールSVクーペのウィングが設けられた車体後部を写したトリミングされた画像。

概要

ランボルギーニがAventador(アヴェンタドール)とともに世に送り出した画期的な革新技術は、ランボルギーニの代名詞とも言えるスーパー・スポーツカーの新時代到来を告げました。さらにAventador SV Coupé(アヴェンタドールSVクーペ)は、これまでのコンセプトを一新したモデルです。Superveloce(スーパーヴェローチェ)のデザインが目指したのは、驚異のスピードで痺れるようなスリルをお届けする史上最もスポーティーなランボルギーニ。これを可能にしたのは、さらなる改良を遂げた自然吸気V12エンジン、限界まで軽量化を推し進めた工学ソリューション、磁性流体プッシュロッド式サスペンション、ランボルギーニ・ダイナミック・ステアリング・システムなどの数々の革新技術です。すべての無駄をそぎ落とし、スーパー・スポーツカーのピュアな魅力を前面に打ち出したAventador Superveloce Coupé(アヴェンタドールSVクーペ)。製品特性および詳細な技術仕様については、以下をご覧ください。

横から見た赤いランボルギーニ・アヴェンタドールSVクーペの後ろ半分だけが写っている画像、岩山を背景に灰色の空の下を走っている。 横から見た赤いランボルギーニ・アヴェンタドールSVクーペの後ろ半分だけが写っている画像、岩山を背景に灰色の空の下を走っている。

エモーション

驚異的なパワーを発揮し、ニーズに応じてコントロール可能な自然吸気V12エンジンの比類なきパフォーマンスが、イタリア屈指の職人たちの技が光る最高品質の素材をまとった車。そのような至高の車がレーストラックを疾走する姿を思い描いてみてください。そして、ステアリングホイールを握る自分が感じるであろうレースのスリルと感動を。


背後では、750CVの轟音が空気を震わせています。そう、それがAventador Superveloce Coupé(アヴェンタドール・スーパーヴェローチェ・クーペ)。最高のパフォーマンスでスリルあふれるドライビング体験をお届けします。

デザイン エクステリア・

革新的かつシャープに研ぎ澄まされたデザインは、最大限にまで空気力学の恩恵を享受するべく綿密に設計されたもの。一目でランボルギーニとわかる特徴的なデザインを受け継ぎつつ、「機能あってこそのフォルム」を体現しました。Aventador SV(アヴェンタドールSV)ならではのスポーティーな個性を物語るのが、そのライン。また、エアベントやリアスポイラー、バンパーに使用されている超軽量カーボンファイバーをはじめとする素材使いも、軽やかさと敏捷性を際立たせています。

サーキットを走る黄色いランボルギーニ・アヴェンタドールSVクーペの前側部分だけが写ったトリミングされた画像。 黄色いランボルギーニ・アヴェンタドールSVクーペの後部を斜め後ろから写した画像、眺めのよいテラスに停まっている。 黄色いランボルギーニ・アヴェンタドールSVクーペがサーキットを走る姿を正面から写した画像。 黒いホイールリムの詳細画像。
黄色いランボルギーニ・アヴェンタドールSVクーペの後部を斜め後ろから写した画像、眺めのよいテラスに停まっている。

インテリア

Aventador SV(アヴェンタドールSV)のインテリアにも、Aventador(アヴェンタドール)本来のピュアな本質に迫ろうとするランボルギーニの姿勢が現れています。防音機能やナビゲーションシステムはないものの、剥き出しとなった車の構造に触れることが可能となりました。パッセンジャー・コンパートメントに、ところどころカーボンファイバー製モノコックが見えるポイントを設けており、ドアやスポーツシートに使用されるカーボンファイバーという素材の存在感が光るデザイン。一方、レザーとAlcantara®(アルカンターラ®) の革張りが、ランボルギーニならではの高級感と高品質を印象付けます。

ドライビング ダイナミックス
  • Lamborghini Aventador Superveloce Coupé(ランボルギーニ・アヴェンタドール・スーパーヴェローチェ・クーペ)最大の特徴である並外れた動的挙動は、すべてのコンポーネントが完璧に連携しているからこそ実現できた、いわばチームワークの賜物です。SVの各コンポーネントは、世界トップクラスのドライビング・プレシジョンはそのままに、最小限の重量で最大限のパフォーマンスが得られるよう厳選・調整を経て仕上げられています。
    ショートストローク自然吸気V12エンジンは、重量こそ大幅に削減したものの、さらにパワーアップしてスポーティーに。なんと最大出力750CV、最高速度8,500rpmのハイパフォーマンスを発揮します。また、Lamborghini Dynamic Steering(ランボルギーニ・ダイナミック・ステアリング)および磁性流体プッシュロッド式サスペンションを搭載し、電子制御方式を採用。STRADA(ストラーダ)、SPORT(スポルト)、CORSA(コルサ)から選べるドライビングモードも加わり、あらゆる状況下において車体の完全制御を可能にします。

     

  • エンジン

    ショートストローク自然吸気V12エンジンは、重量こそ大幅に削減したものの、さらにパワーアップしてスポーティーに。なんと最大出力750CV、最高速度8,500rpmのハイパフォーマンスを発揮します。

  • サスペンション

    フロントとリアには磁性流体プッシュロッド式ショック・アブソーバーを搭載。究極のアクティブ・サスペンション・システムを備えました。ロールをはじめとする車体の無駄な動きを抑えることで、あらゆる走行状況下において完璧な反応が得られます。Superveloce(スーパーヴェローチェ)は、いついかなるときも期待を裏切りません。

  • ダイナミック・ステアリング

    革新的なLamborghini Dynamic Steering(ランボルギーニ・ダイナミック・ステアリング)システムは、常時ステアリング・ホイールの操作に要する力とステアリングレシオに応じて挙動を調整し、低速/中速時における高い操縦性と高速時における安定性を実現。かくして、完璧なドライビング・ダイナミクスをお届けできることとなりました。

スペック

  • エンジン
    • タイプ

      V12 エンジン、60度、MPI (マルチポイントインジェクション)

    • 排気量

      6498 cm³ (396.5 cu in)

    • レース用ボアストローク

      95 mm x 76.4 mm (3.74 x 3.01 in)

    • コンプレッション比

      11,8:1

    • 最大出力

      750 HP (552 kW) @ 8400 rpm

    • 最大トルク

      690 Nm (507 lb.-ft.)@ 5500 rpm

    • パワーウェイトレシオ

      2.03 kg/HP (4.48 lb/HP)

    • 潤滑

      ドライサンプ

    • 排出ガス規制

      Euro 6 - LEV 2

  • ギアとエンジントランスミッション
    • トランスミッション

      後輪メカニカル差動制御システム付き電子制御フルトラスミッション(第4世代Haldex )

    • ギアタイプ

      7 速 ISR(独立シフトロッド)ギア

  • パフォーマンス
    • 最高速度

      > 350 km/h (> 217 mph)

    • 加速0-100 KM/H (0-62 MPH)

      2,8 s

    • 加速度0-200 KM/H (0-124 MPH)

      8,6 s

    • 加速度0-300 KM/H (0-186 MPH)

      24 s

    • 制動率100-0 KM/H (62-0 MPH)

      30 m (98.42 ft)

  • フレーム と車体
    • フレーム

      カーボンファイバー製モノコック構造

    • 車体

      ボンネット、サイドエアインテーク及びリアスポイラーはカーボンファイバー製。そのほかのパネルは超軽量アルミ+プラスティック製

    • 外部ミラー

      電動で調整、折り畳み、加熱可能

    • エアロダイナミクス

      後部スポイラーは手動で3ポジションに変更可能:アンダーボディは完全クラッド材使用。

  • タイヤ
    • スタンダード後輪ホイール

      DIONE neri opachi 20'' 鍛造アルミニウム合金製:9J x 20 ET32.2

    • スタンダード前輪ホイール

      DIONE neri opachi da 21'' 鋳造アルミニウム合金製: 13J x 21 ET66.7

    • 前輪タイヤ

      255/30 ZR20

    • 後輪タイヤ

      355/25 ZR21

  • サスペンションとステアリング
    • フレームの点検

      スタビリティコントロールシステム (ABS や 統合TCS)

    • サスペンションタイプ

      ショックアブソーバーと水平スプリングを採用した前方後方パッシブ・モノチューブ・プッシュロッド式サスペンション

    • サスペンション方式

      ダブルウィシュボーン式サスペンション

    • ステアリングタイプ

      電動油圧操作式 サーボシステム

    • ステアリングシステム

      可変ステアリングレポート付きLDS(ランボルギーニ・ダイナミック・ステアリング)

  • ブレーキ
    • ブレーキタイプ

      アルミ製モノブロック固定キャリパー使用カーボンセラミックブレーキ、6ピストン(フロント)と4ピストン(リア)

    • フロントブレーキ

      直径400ミリメートル、厚さ38ミリメートルの換気式有孔カーボンセラミックディスク

    • リアブレーキ

      直径380ミリメートル、厚さ38ミリメートルの換気式有孔カーボンセラミックディスク

  • セーフティー
    • エアバッグ

      フロント前面および側面エアバッグ(特殊地域では膝用エアバッグ)

    • パッシブセーフティ

      前方後方ともに予測クラッシャブルゾーンあり:ドアには不正侵入防止バー付き

    • アクティブセーフティ

      スタビリティコントロールシステム (ABS や 統合TCS)

  • 外径寸法
    • 総車幅

      4.835 mm (190.35 in)

    • サイドミラーを含まない車幅

      2.030 mm (79.92 in)

    • サイドミラーを含む車幅

      2.265 mm (89.17 in)

    • 地上からの総車高

      1.136 mm (44.72 in)

    • ステップ

      2.700 mm (106.30 in)

    • 乾式粉砕

      1.525 kg (3,362 lb)

    • 質量分布(前方 後方)

      43 / 57

  • 燃費
    • コンビネーション燃費量

      16,0 l/100 km (13 mpg)

    • 市街燃費量

      24,7 l/100 km (11 mpg)

    • 郊外燃費量

      10,7 l/100 km (18 mpg)

    • Co2 排気量

      370 g/km

    • 適用法

      指令 EC n. 715/2007

AD PERSONAM

私たちは、誰もが自由に自分が理想とする車を選べるようであってほしいと願っています。ランボルギーニがカスタマイズに力を入れているのも、そのため。エクステリア、インテリア、ステッチ、コックピットの素材やブレーキ・キャリパーを豊富なカラーで展開し、無限の組み合わせをご提案することにより、ピュアなイタリアン・スタイルはそのままに世界にひとつだけのAventador Coupé(アヴェンタドール・クーペ)に仕上げていただけます。カスタマイズの具体的な方法については、ランボルギーニまでお問い合わせください。担当のランボルギーニ・ディーラーが、ご提供可能なカスタマイズ・オプションをご紹介し、お客様のニーズや個性に合った車づくりをお手伝いします。

緑色のインサートが施された開発中のステアリングホイールを写したトリミングされた画像、その隣には青色のインサートが施されたもう一つのステアリングホイールが見える。 ドアミラーの詳細をクローズアップした画像、緑・白・赤色のストライプが見える。 ランボルギーニ・アヴェンタドールSVクーペの車内を写したトリミングされた画像、赤色の仕上げ加工が施された運転席に焦点をあてている。
オプション
文字サイズ
コントラスト
スタート - ストップ
ソーシャルメディアで共有