• Aventador SVJ Coupéの最高速度は何ですか?
  • UrusのEuropeでの価格を教えてください
  • ランボルギーニの歴史を教えてください
  • ランボルギーニ・マスターピースについて教えてください
  • ランボルギーニ・ミュージアムはどこにありますか?
  • ランボルギーニ・ミュージアムの入館料はいくらですか?
  • ランボルギーニ・ラウンジとは何ですか?
  • アド・ペルソナム・プログラムとは何ですか?

Lamborghini Marzal enchants the Grand Prix de Monaco Historique

戻る

[[ formattedDate ]]

The legendary Lamborghini Marzal was driven in public for the first time in 51 years: on the occasion of the Grand Prix de Monaco Historique (11-13 May), His Serene Highness Prince Albert II of Monaco made the traditional lap of honour by the Monegasque royal family at the wheel of the iconic prototype, stimulating excitement and enthusiasm in everyone present, who witnessed a real celebration of the Marzal history in the setting that made it most famous.

It was indeed on 7 May 1967 when, just before the start of the Monte Carlo Formula 1 Grand Prix, His Serene Highness Prince Rainier III of Monaco, with Princess Grace by his side, made the legendary lap of honour on the track in this same car. The pictures of the royal couple on board the Marzal went around the globe, rendering this unique model even more legendary, remaining out of public view since that occasion.

Designed by Marcello Gandini on behalf of Bertone, and presented at the 1967 Geneva Motor Show, the Marzal was intended to satisfy Ferruccio's desire to create a four-seater touring car, reminiscent of the success achieved the year before by the Miura. The appeal of the Marzal was immediate: the crystal glass gullwing doors and the almost completely transparent cockpit with seats covered in silver leather make it very bright inside; at the same time, the external lines are amazing. On the mechanical level, this design masterpiece is the only six-cylinder Lamborghini. Built on the model of the Miura rear transversely mounted V12 engine, the Marzal engine was turned 180 degrees compared to that of its forerunner, leaving the first gear low down, at a distance from the steering wheel.

At the side of the Marzal was one of the most successful models of the House of the Raging Bull that the Marzal design inspired, and which celebrates its fiftieth anniversary this year: the Lamborghini Espada, a 2+2 series car created in 1968 and produced in Sant’Agata Bolognese until 1978. The Espada with chassis number 9090 present in Monte Carlo has just been restored by the Lamborghini Polo Storico and will take part in the Espada & Islero 50th Anniversary Tour from 7-11 September 2018.
 

オプション
文字サイズ
コントラスト
スタート - ストップ
  • Aventador SVJ Coupéの最高速度は何ですか?
  • UrusのEuropeでの価格を教えてください
  • ランボルギーニの歴史を教えてください
  • ランボルギーニ・マスターピースについて教えてください
  • ランボルギーニ・ミュージアムはどこにありますか?
  • ランボルギーニ・ミュージアムの入館料はいくらですか?
  • ランボルギーニ・ラウンジとは何ですか?
  • アド・ペルソナム・プログラムとは何ですか?
>
Lamborghini 调查

ウェブサイト –eSPORTS – スマートTV

ランボルギーニ・ユーザー体験を向上するためのアンケートにご協力いただけますか?

プライバシーポリシーへの同意

プライバシーポリシー

Automobili Lamborghini S.p.A.(以下「ランボルギーニ」といいます) は、データ処理管理者として、お客様の個人データを以下に明記する目的に一致するロジックと手順に基づき、EU一般データ保護規則2016/679に準拠して処理します。

データ処理の目的および法的根拠

ランボルギーニは、お客様から提供される個人データを以下に記載する目的において収集・処理します。

a) アンケート調査につきましては、分析とリサーチの目的において、IPアドレス、居住国、性別、年齢に関するデータが処理されます。

b) 市場調査および顧客満足度調査を行うマーケティング目的のため、ならびにランボルギーニが提供する製品、サービス、取り組み、イベントに関するプロモーション資料を送信するために、電子メールアドレスのみが参照されます。

a)項に言及する目的において、調査を正しく完了するためには個人データを提供していただく必要があります。ご提供いただけない場合には、アンケート調査にご協力いただくことはできません。

b)項に言及する目的において、ランボルギーニがマーケティング目的でお客様にご連絡を取るために個人データを提供していただく必要があります。ご提供いただけない場合、調査に影響はありませんが、お客様が市場調査および顧客満足度調査に関与することはできません。また、ランボルギーニが提供する製品、サービス、イベント、プロジェクトに関するプロモーションなどのお知らせを受け取ることができません。

個人データの処理方法および保管方法

ランボルギーニは、適用法が規定する安全要件に従い、電子媒体またはそれ以外の方法を用いてお客様の個人データを処理します。

ご提供いただく全ての回答は、匿名形式で集約され同一の方法で処理されます。

b)項に明記する目的によるアンケート調査終了後、お客様から提供されたメールアドレスがアンケート回答とリンクされることは決してありません。

お客様の個人データは、データが収集された目的を遂行するため、および適用される法律上と規則上の義務を遵守するために厳密に必要とされる期間保存されます。上述の目的が達成された時点で個人データは削除されるか、もしくは永久に匿名化されます。ただし、ランボルギーニが法律や規則上の義務を遵守するためにデータを保存しておく必要がある場合は除きます。

お客様の個人データの第三者への通知

お客様のデータが第三者に通知または配布されることはありません。

データ処理管理者およびデータ保護責任者

データ処理管理者は、Automobili Lamborghini S.p.A.、所在地 Via Modena, 12, 40019, Sant'Agata Bolognese (BO), Italy です。データ保護責任者は管理者の所在地に所在し、メールアドレス:dpo@lamborghini.com 宛てにお問い合わせいただけます。

お客様の権利

規則第15-22条に規定される以下の権利を行使するために、お客様はいつでも、電話番号 +39.051.9597282 またはメールアドレス:privacy@lamborghini.com 宛てにランボルギーニに連絡するか、もしくはメールアドレス:dpo@lamborghini.com 宛てにデータ保護責任者まで連絡することができます。お客様のデータの存在の有無を確認する権利、データの内容、出所、正確性を確認する権利、データの統合、更新、訂正、削除、匿名化を求める権利、データ携行の権利、処理を制限する権利、正当な理由により(マーケティング活動に反対など)処理に反対する権利。お客様は、いつでも同意を撤回する権利と監督機関(個人情報保護の監督官庁)に申し立てを提出する権利を有します。

年齢をお答えください?

[[formData.data.p_3_q_1_s_1||'年齢']]

性別をお答えください?

ご出身はどちらですか?

[[formData.data.p_3_q_3_s_1||'国']]

当社ウェブサイトはお好きですか?

次のセクションで改善するべきところはありますか?

ホームページ:
モデル選択:
ニュース/イベント:

スマートフォンで音声コマンドを使用されますか? (Hey Siri / Hey Google など)

ビデオゲームのジャンルは次のうち、興味のあるものはありますか?

次のビデオゲームのタイトルのうち、好きなものはありますか?

先ほどのゲームタイトルをひとつでもお持ちですか?

ビデオゲームをプレイするコンソールはどれですか?

「eSports」をご存知ですか?

「eSports」をご覧になったことはありますか?

先月「eSports」をご覧になりましたか?

「eSports」競技大会でプレイされたことはありますか?

「eSports」のどのジャンルをプレイされたことがありますか?

スマートテレビ、もしくはテレビに接続するビデオストリーミング機器をお持ちですか?

どの機器をお持ちですか?

オンデマンド・アプリ/コンテンツのどのカテゴリーに興味をお持ちですか?

ご協力 ありがとうございました!
ニュースレター配信をご希望の場合は、メールアドレスをご記入ください
登録ありがとう
登録ありがとう