ランボルギーニのニュース

マックス・ウェルチがランボルギーニのモータースポーツ部門のチーフとなる

ランボルギーニ SpAが、マックス・ウェルチをモータースポーツ部門の新チーフに採用。60歳のスイス人である同氏は、ランボルギーニの研究・開発部門の取締役であるマウリツィオ・レッジャーニの直属の部下となる。同氏は、イタリアのミザーノで開催されるランボルギーニ・スーパートロフェオの夜間レースにて、今週初めてスクアドラ・コルセにおける新しい役割に従事する。

マウリツィオ・レッジャーニは、「マックス・ウェルチのような経験豊かで著名なマネージャーを、弊社の新しく開始されたモータースポーツのプログラムに迎え入れることができて嬉しく思う。」と述べた。そして、「ランボルギーニの50周年記念の年にスクアドラ・コルセを開始した弊社は、モータースポーツにおいて野心的な計画を持っている。マックス・ウェルチのマネージャーそしてエンジニアとしての経験は、ランボルギーニが長期的にレーストラックで成功を収める上で役立つだろう。」と付け加えた。

ウェルチほど業界の深い専門知識を持つ熟練家はほとんどいない。ウェルチは、故郷のチューリッヒ市のLausanneandinで機械工学を学び、キャリアの速い段階で彼自身もドライバーとしてレースに出場した。世界スポーツカー選手権の全盛期には、Sauber-Mercedesのチームマネージャーであった。彼の任期中、世界選手権で2度の優勝、そして1989年のル・マン 24時間レースでも勝利を飾った。ポルシェのモータースポーツ部門のチーフとしての数多くある功績の中には、1994年のル・マンレースでの勝利が挙げられる。その後、F1におけるザウバーのチームディレクターとなり、続いてV8STARツーリング・カー・レーシング・シリーズのチームディレクターとなった。彼が管理したA1チーム・スイスはA1 GPシリーズで最も成功したナショナルチームとなった。同氏は、ドライバーの管理者、そしてスポンサーおよびメディアのコンサルタントして、長年にわたりモータースポーツ業界において多くの異なる見解を生み出してきた。

同氏は、「モータースポーツにおいて多くの経験をしてきたが、この新しい挑戦を特に楽しみにしている。」と述べた。「ランボルギーニは、長く優れた伝統、素晴らしいスポーツカー、そして未来への胸躍るビジョンを持つ極めて魅力的なブランドである。スクアドラ・コルセのチーフとして、ブランドの成功に貢献する機会を頂いたことを誇りに思っている。」

モータースポーツは、ランボルギーニの中心的役割を果たしています。ライター・エンジニアリングとの提携により生産されるスポーツカーのドライビング体験、アメリカ、アジア、そしてヨーロッパにおける「スーパートロフェオ」のワンメイクカップ、さらにプロGTスポーツにより、スクアドラ・コルセは既に順次解禁される専門的かつ魅力的な段階的プログラムをアマチュア・レーサー達に提供しています。

最新のポスト

Automobili Lamborghini at the Beijing Motor Show 2014

Asian Debut of the Lamborghini Huracán LP 610-4

Read more »
L’astronauta e aviatore italiano Maurizio Cheli in visita ad Automobili Lamborghini

Sant’Agata Bolognese, 1 aprile 2014 – L’astronauta e aviatore italiano Maurizio Cheli, che ha al suo attivo oltre 380 ore di attività spaziale e...

Read more »
50 years of Lamborghini 350 GT

Automobili Lamborghini at the 2014 Techno Classica in Essen

Read more »

ニュースのアーカイブ