ランボルギーニのニュース

グランデジーロ・ランボルギーニ 50°アニバーサリーでは、180件を超える登録を確認(50%がクラシックカー)。ミラノ、フォルテ・デイ・マルミおよびローマで開催される夕食が決定。

2012年12月20日、サンタアガタ・ボロニェーゼ - 登録締め切りの1ヶ月前には、180台を超える車がグランデジーロ・ランボルギーニ 50°アニバーサリーに登録され、その内半分はクラシックカーであることが確認されました:ムルシエラゴ(17台)、ディアブロ(12台)、カウンタック(9台)、ミウラ(7台)、エスパーダ(3台)400 GT(2台)、350 GT(2台)。5月7日に開始される5日間のイベントの残りの席は100をやや上回るのみとなりました。ランボルギーニの最初の50年を祝うツアーの夜のイベントの詳細なスケジュールが発表されました。

工業デザインおよびファッションの国際的な中心地であるミラノが最初の目的地およびツアーの開始地点となります。次の日、パレードはボッビオに向けて出発します。ボッビオでは、 7世紀に創立された聖コロンバヌス大聖堂で昼食を取ります。

世界で最も重要かつ有名なティレニア海岸にある観光地であるフォルテ・デイ・マルミへ到着し、伝統的なクラブ、 La Capannina di Franceschiにて祝います。同クラブは、裕福で有名な顧客の行きつけのクラブとして特に60年代に人気があった場所で、イーデス・ピアフ、ポール・アンカ、アッベ・レーン、ザビエル・クガート、そしてプラターズなどのスターを接待した場所として有名です。

グランドツアーはその後、芸術および考古学上貴重であり、壮大な視野と雄大なヴィラを持つ、世界で最も愛される観光地の1つである永遠の都、ローマへ移動します。ローマでの滞在は、紀元727年に遡る魅力的なルネサンス様式の修道院、 サント・スピリト・イン・サッシア教会での夕食で締めくくられます。

パレードはその後、オルヴィエートの美しい村を通過し、フェラガモ家の歴史的な狩猟指定地であるサン・ジュスティーノ・ヴァルダルノに到着後に Il Borro で昼食を取ります。その後、ボローニャに向けて再度出発し、アペニン山脈でミル・ミグリアにより有名になった1,000 mのフータ峠を通過します。

そして、そのアウトモービリ・ランボルギーのが生まれた州で、ボローニの中央広場、マジョーレ広場で、サンタガタ・ボロニェーゼに向けて出発する前の5月11日の朝に計画されているConcours d’Eleganceにおいて、ザ・ハウス・オブ・レイジング・ブルの自動車が表舞台に立ちます。ここでは、祝賀ディナーが参加者を待ち受けており、いつまでも記憶に残る50年の輝かしい年月を祝うイベントが幕を閉じます。

最新のポスト

New Flagship Lamborghini Showroom in Bangkok

Bangkok, October 21, 2014: Italian supercar brand Automobili Lamborghini and Thai distributor Niche Cars today officially opened the new flagship...

Read more »
Lamborghini Huracán LP 610-4 Roars with its First Appearance at Shanghai International Circuit in China

Oct 20th 2014, Shanghai - Accelerated passion from Italian luxury super sports car manufacturer Automobili Lamborghini is reintroduced once again with...

Read more »
Automobili Lamborghini sponsors the new Fiamme Oro athletes' uniform

Two-year agreement between two ambassadors for Italian excellence

Read more »

ニュースのアーカイブ