ランボルギーニのニュース

ジル・ド・フェランがアウトモービリ・ランボルギーニの本社を訪問

2013年6月19日、サンタアガタ・ボロニェーゼチャンプ・カーで複数回チャンピオンに輝き、インディ500の勝者、ジル・ド・フェランが昨日、ボローニャのアウトモービリ・ランボルギーニの本社を訪問するという子供のころからの夢を実現させました。

最近任命されたランボルギーニのモータースポーツ責任者、マックス・ウェルティにイタリアン・スーパーカーが生み出される場所に迎えられたジルは、アヴェンタドール組み立てライン、当社の50年の歴史が展示されているミュージアム、そしてアヴェンタドールのモノコックフレームが一つ一つ手作業で製造されるカーボンファイバー生産設備CFKセンターを見学されました。

ジルは、マックス・ウェルティから最近結成されたスクアドラ・コルセの哲学についての説明も受けました。それは、ランボルギーニとのはじめての契約から教育、レースの組み立て、そしてプロフェッショナルなGT3レースまで、ドライバーに道筋をつけることを目的としたものです。スクアドラ・コルセはランボルギーニのモータースポーツに対する意義のある新しい責任の本質を代弁するものなのです。

スーパーカーエンジニアリングと製造設備の見学後、彼はとてもすばらしい思い出となるアヴェンタドール LP 700-4 のテストドライブをして訪問を締めくくりました。

サンタガタへの訪問を思い返し、ジルはこう言いました。「1970年代半ばにはじめてランボルギーニのベルトーネ・ブラボーの写真を見てから、サンタガタの玄関に足を踏み入れたいと夢を見てきました。すべてがその夢の期待にこたえてくれ、工場も車もすばらしいものでした。ランボルギーニには情熱がにじみ出てきている。私はこう断言することができます。」

最新のポスト

Lamborghini Asterion LPI 910-4 unveiled at the 2014 Paris Mondial de l’Automobile

Pioneering a new vision of mobility: First Lamborghini Plug-in Hybrid technology demonstrator

Read more »
Automobili Lamborghini becomes first automotive firm in the world to obtain TÜV certification for its carbon fiber car repair service

Sant’Agata Bolognese, September 25, 2014 – Automobili Lamborghini has obtained certification from TÜV for its carbon fiber car repair service over the...

Read more »
Lamborghini Huracán LP 610-4 in Southeast Asia

The future of super sports cars has arrived in Singapore and Hong Kong

Read more »

ニュースのアーカイブ