スポーツカーらしさとエレガンス

新アヴェンタドール LP 700-4 ロードスターは、完全なオープンカーで、スポーツカーの特性とエレガンスをバランス良く組み合わせて流れるような仕上げとなっています。
デザインは、パフォーマンス、エレガントなスタイル、使いやすさ、五感を興奮させるようなドライブ体験をいかに組み合わせるかという、綿密な研究の成果です。

競走相手が存在しない

新アヴェンタドール LP 700-4 ロードスターは記録的なパフォーマンスを誇ります。0 ~ 100 km/h への加速に要する時間はたったの3 秒。そして、最高速度は約350 km/hです。
これらの数字に加えて、ミッドシップの6.5 リッター、12気筒V型のエンジン、700 psの出力、ISR 7-スピード ギアボックス、プッシュロッド式サスペンションといった特色を備える新アヴェンタドール ロードスターは、直接の競争相手が存在しない、ユニークなスーパースポーツカーとなっています。

スタイルを感じさせるエレガンス

軽い、メタリックなブルーである新色アズーロ テティス(Azzuro Thetis)が追加。光の角度によってトーンが変化し、あの美しい逸作の1968年のミウラ・ロードスターの色合いを彷彿とさせます。
新アヴェンタドール LP 700-4 ロードスターは、新 Dione 20"/21" ホイールリムを装着し、挑むような攻撃的なルックを強調します。

力強さと美しさ

ロードスターのエンジン・フードはクーペのフードと違い、中央の「背骨」に2対の六角形ウィンドウが横からハイテクの甲冑のように付けられています。これはエンジンを冷却し、雨水を適切に排水するためのもので、
感嘆させられるようなV12 パワーユニットの美しさを強調しています。

サンタアガタ・ボロニェーゼで製造 

インテリアのルックも新しくなっています。「サッビア・ネフェルテム(Sabbia Nefertem)」と呼ばれる新たなレザーを採用。本場サンタアガタ・ボロニェーゼの内装職人のすばらしい手作りの技が冴えます。