エアロダイナミクス

サンタガタ・ボロニェーゼの弊社のエンジニア達は、アヴェンタドールの開発時に、エアロダイナミクスを最適化するために車体のあらゆる細部を分析しました。フロントバンパーからリアウィングまでのすべてのパーツが完全に調和される必要があります。

効率的なエアロダイナミクスにより、加速が優れ、コーナリング速度が上昇します。さらに、結果として燃費が低くなります。それゆえ、風洞におけるすべての作業が極めて重要であることは驚くべきことではありません。ただし、空力抵抗を最小限に抑えることは、いくつかあるタスクの1つにすぎません。空気力学者(エアロダイナミシスト)はまた、リアウィングなどの自動車の特定パーツにそれを導くことにより、妨害となる乱流を減少させ、エアフローを利用する必要があります。

inn tech lp700-4 rearwing 1920x1080

インテリジェントなリアウィング

運転時に、空気はリアウィングに高速度で当たり、それにより車の後部がタールマックに押され、ダウンフォースが作成されます。その結果、スリップが減少し、タイヤのグリップ力が増加して、エンジンのパワーをより効率的に使用することができるようになります。アヴェンタドールの特色は、統合されたリアウィングです。必要時のみに高速かつミッドレンジで拡張されます。

車の後部の下面にあるディフューザーは、グリップをさらに増加させます。エアフローを減速させることにより、真空が生成されます。

その結果、後部が下向きに引かれます。エンジニアは、車の建築における他の多くの分野と同様に、エアロダイナミクスに関しては、車全体を見る必要があります。ランボルギーニは、アヴェンタドールに対して、優れたパフォーマンスを支援する高効率のエアロダイナミクスを開発することに成功しました。0~100 km/h(0~62 mph)への加速にかかる時間がたったの2.9秒であることは、アヴェンタドールのエアロダイナミクスの素晴らしさを示す多くの例の1つにすぎません。