ルーフ

アヴェンタドール・ロードスターのルーフは、ロードスターそのものであり、技術的に重要なマイルストーンです。ルーフの半分は6 kg未満で極めて軽量です。弊社のエンジニアは、合成物質がカーボンファイバーにより補強される工程である、高圧RTM(樹脂トランスファー成形)工法の内層および外層を作成しました。ルーフの補強には、Forged Composite®(フォージドコンポジット)を使用しています。

ルーフは、簡単に取り付けや取り外しすることができます。ロードスターの感覚を最大限に楽しみたい場合は、フロントカバーの下にあるルーフ両方を外すことができます。ルーフは、完全に遮音されています。90 km/hでは騒音レベルは60 dbで、180 km/hでは80 dbです。これは、掃除機やヘアドライアーを使用する場合と同等の騒音レベルです。

ロードスターの補強

ルーフは、ロードスターの開発時に弊社のエンジニアに特別な挑戦をさせることになりました。車に取り外し可能なルーフが取り付けられている場合、ねじれ抵抗が低下するため、技術者達はその低下を補うために賢いコンセプトを考え出す必要がありました。クーペと比較して、サイドスカートやトランスミッショントンネルなどの車の特定の部分により多くのレイヤー、そして補強されたカーボンファイバーファブリックが使用されました。

これらの補強を統合することで増加したロードスターの重量はたったの50 kgでした。ルーフのない同モデルと同様に、アヴェンタドール・ロードスターは、晴れた日だけでなく、どのような状況でも妥協しないクルマとなっています。