パワートレイン

ランボルギーニのアヴェンタドール LP 700-4 ロードスターには、伝説の先行モデルと同様、中央に12気筒エンジンが搭載されています。新しく開発され、重量はたったの235 kgです。700馬力(515 kW)、6,498 cm3 (396.5 cu.in.)の排気量、そして690 Nm(507 lbft)の最大トルクが実現した結果、ランボルギーニにより作られたエンジンの中で最強のものとなりました。

inn tech lp700-4 powertrain 1920x1080

素晴らしいパフォーマンス

アヴェンタドール・ロードスターは、0~100 km/h(0~62 mph)の加速にかかる時間がたったの3.0秒で、最大速度は350 km/h(217 mph)です。7-スピードISRギアボックスとそのたった50ミリ秒のシフト時間により、同エンジンはこれらの素晴らしい数値を実現します。ドライブセレクトモードを使用すると、3つの異なるシフト特性を選択することができます:STRADA、SPORT、CORSA。ギアボックスを自動的にシフトさせる、またはステアリングホイールのシフトパドルを使用してギアを手動で選択することができます。

永続的な全輪駆動により、スロットルの操作が確実にタールマックに転送されます。電子制御されるHaldex生成IVクラッチは、パワーの分散をコントロールします。選択されたドライブモードにより、最大60%の使用可能なトルクを前輪に転送します。

今日では、スーパースポーツカーはパフォーマンスだけでは判断されなくなり、燃費が重要な課題となっています。例えば、 アヴェンタドール・ロードスターには、燃費およびCO2 排出を減らすために、気筒休止およびスーパーコンデンサー付きスタート・ストップシステムが搭載されています。この技術により、エンジンの再スタートには180ミリ秒しかかからず、従来のスタート・ストップシステムよりも大幅に速いものとなっています。ご存知のように、アヴェンタドール・ロードスターは長年にわたり市場をリードしてきました。