Overview
Closex

展示

ランボルギーニ・ミュージアムでは、1964 年にフェルッチョ・ランボルギーニが作った最初のモデル 350 GT から美しく壁に掛けられている 2013 年のアヴェンタドール・ロードスターまで、牡牛のすべての歴史が細部にわたって再現されています

マルチェッロ・ガンディーニが設計し、自動車業界では言わずと知れたミウラには、特徴的な「まつ毛」の付いた S シリーズ、次に続く 385 馬力に強化された V 12 エンジン搭載の SV シリーズ、ミウラの 40 周年記念後に 1 台限りで製造されたミウラ・コンセプトといった様々なモデルがあります。

数少ない 4 シーター車、エスパーダはハラマの隣にあり、細部にまでこだわったエアロダイナミクスの研究とヘッドライトの「まぶた」が特徴です。ウラッコやヤルパといった V8 エンジンを搭載した魅力的な低出力モデルが石油危機の時代を物語ります。これらのインストルメントパネルにはフェルッチョ・ランボルギーニのサインが入っています。

初めて時速 300 Km の壁を破ったランボルギーニ初のモデル、伝説のカウンタックの歴史は、フレーム 001 のブリリアントグリーンの試作品や新しいフロントスポイラーや改良型エアインテークを搭載した 25 周年記念バージョンが展示されています。「クラシック」カーから 2001 年のゴールドのディアブロ 6.0 スペシャルエディション、イタリア交通警察の超装備ガヤルド、もともと軍事用に開発されたオフロード車ランボルギーニ LM 002を例に挙げないわけにはいきません。

牡牛の熱狂的なファンのため、ガンディーニとザガートが設定した 2 つのバージョンの P 147、ルク・ドンカーヴォルケが発案したガヤルドの進化形コンセプト・S、カーボンファイバーを使用した軽量で強力なセスト・エレメント、わずか 20 台しか生産されなかったシルエットが特徴的なレヴェントン、未来ムードのコンセプトカー・エゴイスタの試作品や限定モデルももちろん展示されています。

さらに、1992 年のランボ・フォーミュラ 1およびディアブロ GT2 でランボルギーニはスポーツカーレースに参戦しています。また、船舶用エンジンのセクションでは世界選手権に優勝しています。