デザイン エッセンシャルなライン、マルチェッロ・ガンディーニ作。

70年代のオイルショックや社会的問題によって、ランボルギーニは、より安く、より排気量の少ない自動車の生産を強いられました。
ドライビングの快適さと求めるより多くの人々に近づくには、4シーターセダンを作るのが歩むべき道とされました。こうして、その後Miuraをデザインしたマルチェッロ・ガンディーニの監視のもと、Urracoが生まれました。

パフォーマンス コンフォートとパフォーマンス。

ランボルギーニ Urracoでは、快適さとドライビングの喜びに細心の注意が払われただけでなく、エンジン自体も見直されました。Urracoには、2.5リットルの新世代V8エンジンが搭載され、このエンジンは、1974年3リットルタイプになりました。

ソーシャルメディアで共有
Choose Your language