パフォーマンス 最高のスポーツカー。

Miuraのように車業界を覆すような自動車は、そう多くありません。センター部分にマウントされているV12型エンジンと魅力的なボディー。「闘牛の家」のツーシーターは、「スポーツカー」の定義を書き直しました。実際、デビュー当時Miuraは、世界で最も早い車でした。時速280キロの最高速度と6.7秒で時速100キロに達成するランボルギーニ Miuraは、スーパースポーツカーのセグメントで新たなスタンダードを設けました。

デザイン 伝説はさらに続く。

革命的なデザインと魅力的で見間違えることのないヘッドライト部分によって、350馬力のMiuraは、全部で475台生産されました。しかし、そのサクセスストーリは、その先にまで及びました。Miuraは、更に370馬力のMiura Sと385馬力を持つ改善されたエンジン、より幅の広いバンパー、エンジンとチェンジのそれぞれ独自の潤滑システムを搭載したMiura SVといったモデルに開発されました。

ソーシャルメディアで共有
Choose Your language