パフォーマンス ランボルギーニのパフォーマンス性を持つオフロードカー。

ランボルギーニ LM001プロジェクトと前のモデルCheetahから生まれたランボルギーニ LM002は、1982年ジュネーブのモーターショーにてAutomobili Lamborghiniが発表した初めてのオフロードカーでした。
非常に重く大きいながらも、LM002のパフォーマンスは、Automobili Lamborghiniが常に人々に提供してきたスーパーカーのそれを決して悔いることはさせないものでした。
パワフルなV12型エンジンと四輪駆動によってLM002は、120%の傾斜も楽に登ることができ、時速210キロの最高速度を出すほか、7.8秒で0から時速100キロに達することができました。

ランボルギーニは、このLM002によって大型のSUVを10年先駆けて実現したのです。

デザイン ロー、ビッグ、パワフル。

LM002のボディーは、アルミニウムとファイバーガラスを使用しており、最も柔らかい地面やでこぼこ道でも非常にグリップがいいタイヤを提供するためにPirelli社が開発した専用のタイヤを搭載していました。このモデルに関しては、航空力学や軽量化のコンセプトを考慮せず、「敵を怖がらせること」ができるまさにオフロードの「巨人」を作ることが目的でした。
インタリアに関してもこの目的に沿って考えられましたが、それでもLM002は、レザーの内装やエアコン付きでもオーダーできました。 

ソーシャルメディアで共有
Choose Your language