デザイン ラグジュアリーなデザイン。

ランボルギーニ Espadaは、1968年ジュネーブのモーターショーで初めて発表されました。この車を強く希望してたフェッルッチォ・ランボルギーニは、スポーツカーのレンジをさらに広げるために本物の4シーターを忠実なベルトーネのマルチェッロ・ガンディーニに頼みました。
生産された10年間、Espadaのエンジンやインテリアは複数のリニューアルを見ましたが、その反面、ボディーは当初のままでした。それは、Espadaのデザインが最初から人の目を引き付けるものだったため、リフォームする必要がなかったのです。内部が広く、快適なトランク、そしてパワフルなV8エンジンによって、Espadaはラグジュアリーなグランドツアー用の車、Gran Turismo Italianoの化身だったのです。

パフォーマンス 無数のバージョン、一つの目的:それはスピード。

エンジンは、そのバージョンによって最適化が図られ、Espadaはいとも簡単に時速250キロの最高速度に達成することができました。
合計1227台生産されたEspadaは、1968年から1978年までランボルギーニのベストセラーになりました。

 

ソーシャルメディアで共有
Choose Your language