デザイン スペース感あるスーパースポーツカーへのコンフォート。

ランボルギーニ 400 GTの生産は、1966年、既に350 GTの死後の23モデルで使用されていた4リットルタイプの12シリンダーで始まりました。
前のモデルと比べ、内部のスペースをより広くするために400 GTはリニューアルされ、よってランボルギーニ初の2+2、真の4シーターとして誕生しました。

ソーシャルメディアで共有