青色のランボルギーニ・ハラマの後部、テールライトが大きく写るトリミングされた画像。

デザイン やさしい魂のスーパーカー。

70年代初めに生産されたIsleroのエボリューションであるJaramaは、「紳士的」なドライバーや優雅さとパワーが見事に調和されている自動車を求める人をターゲットに生まれました。
非常にパワフルなエンジンとラグジュアリー的な快適さのコンビネーションにより、直にフェッルッチォ・ランボルギーニ自身が最も好む自動車の1台になりました。

ソーシャルメディアで共有