第1章

オリジン ザ・

「Lamborghini Automobili」の歴史は、公式には1963年に始まりますが、実際、そのルーツはその創立者、フェッルッチョ・ランボルギーニに由来します。1916年生まれでおうし座の彼は、有能で激しく、意欲的な人で、この会社の創立とその初期の歴史の本当の主人公でした。

ラグジュアリーなスポーツカー・メーカーを造ろうと思ったとき、フェッルッチォは既に裕福な人でした。主戦直後、自らのトラクターメーカーを開き、それに全力を尽くしたために、その業界ではすでに有名でした。

従って、60年代の初めにはランボルギーニ氏は、既に成功を収めた、力強い、ハッキリとした考えを持っている人でした。しかし、史上最高のスーパースポーツカーを造ったと宣言したとき、周りの人々は、頭がおかしくなったのか、この風変わりな事業が全く何ももたらさないだろう、と思ったのです。

 

モデルカーを手に持つフェッルッチョ・ランボルギーニの白黒写真
白い背景に歴史的な黄色いランボルギーニを横から見た画像。
最終的に完璧な自動車を作る決定をした完璧な瞬間でした
Ferruccio Lamborghini

第2章

彼は→ フェッルッチョ・ランボルギーニは

彼は、1962年の終わりにこのプロジェクトに取り掛かりはじめ、1963年5月には、会社「Automobili Ferruccio Lamborghini」を設立し、大きくモダンな工場を建設するために、ボローニャとモデナの中間地点のサンタガタ・ボロニェーゼに広大な土地を購入しました。自らの会社で積んできた経験を基に、類のないモダンな設備を建設しました。光が降り注ぐ中心部分の大きなウェアハウスは、オフィスが集中する建物のすぐ横にあり、よって、経営管理職の人たちは、常に生産の状況を把握することができました。これは特にランボルギーニ氏が気に入っていたものであり、もし何か腑に落ちないことがあるならば、自ら自動車を直接いじることに躊躇しませんでした。

一人の男、 一つの夢

Automobili Ferruccio Lamborghiniの公式なデビューの場所として、フェッルッチォは、トリノ・モータショーを選び、その際、12シリンダーの傑作品と見られるようになった驚異的な自動車、350 GTVを発表することを決めました。
その次の年の1964年、このプロトタイプのスタンダード・バージョン、350 GTが公開され、その直後120台生産された400 GTが続きました。
ランボルギーニ氏のその人を引きずり込みそうな意気込みによって、整備士やエンジニア達は徐々に、Miura、Islero、EspadaやJaramaのように驚異的でアバンギャルドな自動車を生み出すようになりました。
次第に生産量や社員が増えていきましたが、この会社の歴史に於いて、フェッルッチォ・ランボルギーニは常に重要な役割を果たしてきました。実際、勇敢で力強く、恐ろしい闘牛の名前にちなんで製品に名前を与える伝統も彼によるものです。

フェッルッチォ・ランボルギーニは、1993年、76歳で自らの所有地にて亡くなりました。彼の誕生100周年を記念に、そして彼に敬意を表するためにLamborghini Centenarioがデビューしました。この自動車によって、夢想家で勇気があり、また2人といないこの人物を称えることが目的でした。

ソーシャルメディアで共有