• 斜めから見た赤いランボルギーニ・アヴェンタドール・クーペが前景の画像、山道のカーブを走っている画像。
斜めから見た赤いランボルギーニ・アヴェンタドール・クーペがイルミネーション輝く街中に停車しているトリミングされた画像、片方のヘッドライトが点灯しているのだけが確認できる。

概要

                                                                                         
今までのパフォーマンスのコンセプトは忘れてください。Aventador Coupéは、スパースポーツカーの分野の重点としてだけではなく、未来を先駆ける自動車としても、このアイデアを改革するために生まれました。まさに、スーパーカーの世界に於けるレジェンドを前にしているのです。ランボルギーニ・ブランドの伝統と、常に未探検の領域に脚を踏み入れる「闘牛の家」のイノベーションを統合します。

横から見た赤いランボルギーニ・アヴェンタドール・クーペの後ろ半分だけが写っている画像、岩を背景に砂地を走っている。 横から見た赤いランボルギーニ・アヴェンタドール・クーペの後ろ半分だけが写っている画像、岩を背景に砂地を走っている。

エモーション

この自動車のフラッグシップ的要素は、サンタガタ・ボロニェーゼにてハンドメイドされ、自然にバランスを取り、縦方向中心部分にマウントされているV12式エンジンです。Aventadorの示す、いかなる回転速度に於ける最高の回復力、稲妻のようなリアクティビティ、息が止まるような轟。全てが可能である所 -一度たどり着いたら、決して後戻りはしたくない場所 -に連れて行ってくれるこの自動車の心臓部ともいうべきこの素晴らしいエンジンのパワーを、これ等が表現ます。通常「限度」とされる領域を超すことのエモーションは、言葉では言い尽くせません。 

エクステリア・ デザイン

ただ「デザイン」ではありません。それ以上の物なのです。スーパースポーツカーの歴史と世界的に塗り替えたブランドの「サイン」なのです。1台のランボルギーニは、一目で「それ」と分からなくてはなりません。だからこそ、Aventador Coupéの全てのディーテールは、「闘牛の家」のDNAを的確に表現するために考えられました。まさに、ダイナミックさとアグレッシブさを表現し、当社の研究・開発の成果であるカーボンファイバー・モノコックをイノベーションのシンブル的要素とするデザイン性の宝石なのです。結果は、忘れることのできないドライビング・エクスペリエンスを与えることのできる車です。エンジンを止めた後でも駆け巡るアドレナリン。

透明なボンネットの詳細を写した写真。 赤いランボルギーニ・アヴェンタドール・クーペを後ろから写した夜の画像。テールライトが点灯し、前方には歴史的な現像物が見える。 赤いランボルギーニ・アヴェンタドール・クーペを後ろから写した夜の画像。テールライトが点灯し、前方には歴史的な現像物が見える。 ヘッドライトを正面から写したトリミングされた画像、ドアが縦に開いているのが見える。
赤いランボルギーニ・アヴェンタドール・クーペを後ろから写した夜の画像。テールライトが点灯し、前方には歴史的な現像物が見える。

インテリア

Aventador Coupéのインテリアは、高級感とアバンギャルド的なラグジュアリーの配合です。インテリアのフィニッシュは、専門家たちの手によって全て手作業でアッセンブリーされた最高品質のマテリアルとアバンギャルドなインストルメント・パネルと共に溶け込みます。モダンな飛行機同様、全ての機器は、革新的なTFTインテラクティブLCDディスプレーで見ることができます。ダッシュボードの中央部分に設置されてある2台目のTFTディスプレーは、マルチメディアやナビゲーション機能用です。

ドライビング ダイナミックス
  • Ricerca e Sviluppo Lamborghiniは、Lamborghini Aventadorをパワーとイノベーションの傑作とするために自らのリソース全てを使用しました。ロード用のスーパースポーツカーでは珍しいロボット式のISRギヤチェンジは、ドキドキするような非常に速いチェンジを保証します。また、プッシュロッド式サスペンションシステムは、レーシンカーのそれと匹敵する的確なドライブを提供します。結果は、ハイレベルなパフォーマンス性、ライトエンジニアリングによる技術的ソリューション、高級感あるデザイン、素晴らしいハンドリングを持った自動車であり、非常に的確でハイレベルの機能性を保証します、これは、「闘牛の家」の未来への確実な一歩なのです。

  • エンジン

    6.5 リットル V12 シリンダー、700馬力での最大出力8,250 rpmのエンジンは、高回転時に非常に簡単に坂道を上り、また素早く反応するといった特徴を持っています。2.9秒で0から時速100キロに達する驚異的な加速は、スーパーカーのセグメントに於ける真の基準になったAventador Coupé のごく一部しか語りません。 

  • チェンジ

    ISR (Independent Shifting Rods) ギヤチェンジは、ドキドキするような非常に速いチェンジを保証します。このプロジェクトの目的は、簡単なことでした。それは、非常に速い反応を持ち、匹敵することのできない感情を呼び起こすようなロボット式のチェンジでした。また、スーパースポーツカーを製造する段階で、ISRチェンジは、非常に軽く、マニュアルチェンジのサイズよりよりコンパクトであるといった2つの重要な利点をもたらします。

  • サスペンション

    革新的なプッシュロッド式サスペンションは、レーシングカーのそれと匹敵する的確なドライブを提供します。F1の世界に着想を得たスプリング式システムとプッシュロッド式アブゾーバーは、ロード用のハイパフォーマンス的自動車に完璧に適応されました。

  • モノコック

    カーボンファイバーやそれのコンポジットの使用は、メイド・イン・サンタガタ・ボロニューエゼの的確なエクストリーム・ドライビングを提供するAventador Coupéの特徴です。Aventador Coupéのシングルピースのモノコックは、非常に軽いだけでなく、いまだかつて達成したことなかった耐久性を保証します。

スペック

  • エンジン
    • タイプ

      V12 エンジン、60度、MPI (マルチポイントインジェクション)

    • 排気量

      6498 cm³ (396.5 cu in)

    • レース用ボアストローク

      95 mm x 76,4 mm (3.74 x 3.01 in)

    • コンプレッション比

      11,8:1

    • 最大出力

      700 HP (515 kW) @ 8250 rpm

    • 最大トルク

      690 Nm (507 lb.-ft.)@ 5500 rpm

    • パワーウェイトレシオ

      2.25 kg/HP (4.96 lb/HP)

    • 潤滑

      ドライサンプ

    • 排出ガス規制

      Euro 6 - LEV 2

  • ギアとエンジントランスミッション
    • トランスミッション

      後輪メカニカル差動制御システム付き電子制御フルトラスミッション(第4世代Haldex )

    • ギアタイプ

      7 速 ISR(独立シフトロッド)ギア

  • パフォーマンス
    • 最高速度

      350 km/h (217 mph)

    • 加速0-100 KM/H (0-62 MPH)

      2,9 s

    • 加速度0-200 KM/H (0-124 MPH)

      8,9 s

    • 加速度0-300 KM/H (0-186 MPH)

      24,5 s

    • 制動率100-0 KM/H (62-0 MPH)

      30 m (98.42 ft)

  • フレーム と車体
    • フレーム

      カーボンファイバー製モノコック構造

    • 車体

      ボンネット、サイドエアインテーク及びリアスポイラーはカーボンファイバー製。そのほかのパネルはアルミ+プラスティック製

    • 外部ミラー

      電動で調整、折り畳み、加熱可能

    • エアロダイナミクス

      後部スポイラーは電動で3ポジションに変更可能:アンダーボディは完全クラッド材使用。

  • タイヤ
    • スタンダード前輪ホイール

      IPERIONE silver 19'' アルミニウム合金ダイキャスト製:9J x 19 ET32.2

    • スタンダード後輪ホイール

      IPERIONE silver 20'' アルミニウム合金ダイキャスト製:17J x 20 ET56.7

    • 前輪タイヤ

      255/35 ZR19

    • 後輪タイヤ

      335/30 ZR20

  • サスペンションとステアリング
    • フレームの点検

      スタビリティコントロールシステム (ABS や 統合TCS)

    • サスペンションタイプ

      ショックアブソーバーと水平スプリングを採用した前方後方パッシブ・モノチューブ・プッシュロッド式サスペンション

    • サスペンション方式

      ダブルウィシュボーン式サスペンション

    • ステアリングタイプ

      電動油圧操作式 サーボシステム

    • ステアリングシステム

      サーボトロニック

  • ブレーキ
    • ブレーキタイプ

      アルミ製モノブロック固定キャリパー使用カーボンセラミックブレーキ、6ピストン(フロント)と4ピストン(リア)

    • フロントブレーキ

      直径400ミリメートル、厚さ38ミリメートルの換気式有孔カーボンセラミックディスク

    • リアブレーキ

      直径380ミリメートル、厚さ38ミリメートルの換気式有孔カーボンセラミックディスク

  • セーフティー
    • エアバッグ

      フロント前面エアバッグ、および特定の市場のみ側面膝用エアバッグ

    • パッシブセーフティ

      前方後方ともに予測クラッシャブルゾーンあり:ドアには不正侵入防止バー付き

    • アクティブセーフティ

      スタビリティコントロールシステム (ABS や 統合TCS)

  • 外径寸法
    • 総車幅

      4780 mm (188.19 in)

    • サイドミラーを含まない車幅

      2.030 mm (79.92 in)

    • サイドミラーを含む車幅

      2.265 mm (89.17 in)

    • 地上からの総車高

      1.136 mm (44.72 in)

    • ステップ

      2.700 mm (106.30 in)

    • 乾式粉砕

      1.575 kg (3,472 lb)

    • 質量分布(前方 後方)

      43 / 57

  • 燃費
    • コンビネーション燃費量

      16.0 l/100 km (13 mpg)

    • 市街燃費量

      24.7 l/100 km (11 mpg)

    • 郊外燃費量

      10.7 l/100 km (18 mpg)

    • Co2 排気量

      370 g/km

    • 適用法

      指令 EC n. 715/2007

AD PERSONAM

私たちは、お客様が自らのドリームカーを選ぶことができなくてはならないと確信しています。だからこそ、昔からランボルギーニは「カスタマイズ」を意味します。エクステリア、インテリア、ステッチ、インテリアのマテリアル、ブレーキ・キャリパーに力を入れ、これらのコンビネーションは、無数に近いことから、世界に2台とない純粋なイタリアン・スタイルの自動車を求めることができます。
お客様のランボルギーニ・ディーラーは、お客様のニーズだけでなく、お客様のパーソナリティーを最も反映する自動車にするために利用可能なカスタマイズに関してあらゆるアドバイスを与えることでしょう。

緑色のインサートが施された開発中のステアリングホイールを写したトリミングされた画像、その隣には青色のインサートが施されたもう一つのステアリングホイールが見える。 ランボルギーニ・アヴェンタドール・クーペのドアが縦に開いている様子を写したトリミングされた画像。 赤いランボルギーニ・アヴェンタドール・クーペの車内を写したトリミングされた画像、横から見た赤い座席とヘッドレストが見える。
オプション
文字サイズ
コントラスト
スタート - ストップ
ソーシャルメディアで共有