概要

国際モーターショー専用に生まれたその他のコンセプトカーとは違い、ワンオフがロード専用に使用できるように謹呈されています。従って、少数のラッキーな持ち主たちに類のないドライビング・エクスペリエンスを提供いたします。
このタイプのランボルギーニ ワンオフの1台目は、2007年フランクフルト・モーターショーで発表されたReventónでした。さらにReventón Roadster (2009年)、Veneno (2012年)、Veneno Roadster (2013年)が続き、フェッルッチォ・ランボルギーニ誕生100周年の際、クーペとロードスターバージョンでたったの20台しか生産されなかったCentenario(2016年)があります。

ソーシャルメディアで共有