• 画像はグレーメタリックのランボルギーニ・センテナリオが海岸沿いの道路に駐車している姿を写している。
  • 画像には斜めから見た黒いランボルギーニ・センテナリオが道路を走る姿が前景に写っている。背後には灰色の雲が見えている。
  • 写真には赤いランボルギーニ・ヴェネーノ・ロードスターが写っている。砂漠の景色を横切るなだらかな下り坂を走っている。

概要

国際モーターショーへの出展を目的に生産されたコンセプトカーと異なり、ワンオフは公道走行の認定を受けた車両です。ただし、前代未聞のドライビング・エクスペリエンスを堪能できるのは、ごく少数のオーナーだけ。初のワンオフはReventón(レヴェントン)で、2007年フランクフルト・モーターショーで披露されました。その後、Reventón Roadster(レヴェントン・ロードスター)(2009年)、Veneno(ヴェネーノ)(2012年)、Veneno Roadster(ヴェネーノ・ロードスター)(2013年)と、数年ごとにモデルの発表が続きます。2016年はフェルッチオ・ランボルギーニ生誕100周年を記念して、Centenario(センテナリオ)(2016年)がお目見え。生産台数はクーペとロードスターでそれぞれたったの20台でした。。

画像にはモデル・ワンオフの黒い後部が写り、「ランボルギーニ」の文字を区切る点灯したテールタイトをクローズアップしている。 センテナリオ・ロードスターのヘッドライトとバンパーを大きく写したトリミングされた画像。
  • Centenario Roadster
  • Centenario
  • Veneno Roadster
オプション
文字サイズ
コントラスト
スタート - ストップ
ソーシャルメディアで共有